このセミナーの受付は終了しました。

7/22【福岡県】これだけわかれば大丈夫! 心電図モニターから患者を看る

〜患者さんを看るための見方をマスターしてもらいます〜

患者さんに心電図モニターをつけ、この波形はなんだろう? 報告しといた方が安心?なんて経験ありませんか?
心電図検定2級までの内容で、看護師が患者さんを看るための見方! そして、卒1の皆さんも毎日の業務に使える視点でわかりやすく解説します。

セミナーのプログラム

    1、心電図モニター波形の基礎

    2、心電図モニター波形の見方と限界

    3、心電図モニターからわかること
     
    ○頻脈、徐脈、上室性、心室性 
     危険な心電図波形

    4、患者をどう見るか

    5、リズムコントロール(波形に対する対応)か
      レイトコントロール(頻脈徐脈に対する対応)か

    6、緊急性のある波形対応とはどんなものが
      あるのでしょうか

    7、心電図モニター波形を事例で考える

    8、12誘導心電図の初級判読

セミナー詳細情報

開催日 2020年7月22日(水)
開催エリア 福岡県
時間 13:00〜16:30
住所 福岡県福岡市早良区百道2-3-15
会場 ももちパレス 3階 小ホール
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●地下鉄 藤崎駅より徒歩1分(2番出口)
福岡空港駅から藤崎駅まで約20分
博多駅から藤崎駅まで約15分
天神駅から藤崎駅まで約10分
●西鉄バス 藤崎バスターミナルの目の前
講師 京都民医連中央病院HCU師長救急看護認定看護師 赤木 高司
料金 8250円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2020年3月12日(木)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。