このセミナーの受付は終了しました。

7/4【福岡県】最新! がん化学療法

〜求められる看護師の役割〜

化学療法は患者さんや家族に不安や誤解があったりします。インフォームドコンセントが重要なことはもちろんですが、副作用として出現する不快な症状へも十分な配慮が必要です。また抗がん剤の適切な取り扱い方法や薬剤の正確な知識を持つことは大事なことです。本セミナーでは、抗がん剤を投与するために求められる看護師の役割を確認したうえで、セイフティバリアから緊急対応まで解説いたします。また化学療法を受ける患者さんへの適切なケアおよび在宅でのセルフケア支援についても事例を通じて丁寧に解説いたします。この機会にぜひご参加ください。

セミナーのプログラム

    1、がん化学療法の基礎

    ●化学療法前のチェックポイント
    ●投与ミスを防ぐためのポイント
    ●投与中・投与後の対応
    ●抗がん剤の曝露対策

    2、抗がん剤による有害事象と
      分子標的治療薬特有の有害事象

    ●発生機序・発現頻度の高い薬剤について

    3、在宅で過ごすための看護ケア・
      セルフケア支援のポイント

    ●生活指導、副作用への対応方法など

    4、看護に活かす症例検討

セミナー詳細情報

開催日 2020年7月4日(土)
開催エリア 福岡県
時間 13:00〜16:30
住所 福岡県福岡市早良区百道2-3-15
会場 ももちパレス 3階 小ホール
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●地下鉄 藤崎駅より徒歩1分(2番出口)
福岡空港駅から藤崎駅まで約20分
博多駅から藤崎駅まで約15分
天神駅から藤崎駅まで約10分
●西鉄バス 藤崎バスターミナルの目の前
講師 神戸市立医療センター中央市民病院外来師長がん看護専門看護師濱田 麻美子
料金 8250円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2020年3月24日(火)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。