1/11【宮城県】10秒でキャッチできる! 急変小児・乳児の緊急対応

〜初期評価のポイントとなすべきケア〜

具合が悪くなった小児・乳児をどのように見ていけばいいのでしょうか?
緊急性は?ドクターコール?薬剤投与は?
あなたはどのように対応していますか?

小児・乳児は心肺停止になったら、心拍再開することが非常に困難です。心停止になるまでに発見して対応しなければなりません。かといって症状に過敏になる必要はありません。診なければならないところを押さえておけば、適切な対応ができるはずです。

呼吸困難や脱水などの事例を使って考えていけるセミナーです。
一般病院外来担当、診療所ナース、保育園の看護師さんもこの機会にぜひご参加下さい。

セミナーのプログラム

    1、緊急時に気を付けなければならない、
      成人と異なること

    2、小児・乳児を最初に見たときに
      判断すること (初期評価)

    3、生命に関わる緊急性のあることと、
      その対応 (一次評価と一次対応)

    4、起こっていることと原因を考えながら
      バイタルサインを測定

    5、バイタルサインを安定させるために
      必要なこと

    6、事例を使って考えていきます

    7、小児・乳児の心肺蘇生

     一次救命処置
     (PBLS Pediatric Basic Life Support)

    8、気道閉塞解除の方法

セミナー詳細情報

開催日 2020年1月11日(土)
開催エリア 宮城県
時間 13:00〜16:30
住所 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
会場 東北大学片平さくらホール 2階会議室AB
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●市営地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 南1口より徒歩約10分
●市営地下鉄東西線「五橋」駅 北2・北4口より徒歩約10分
●JR仙台駅 西口より徒歩約15分
講師 京都民医連中央病院HCU師長 救急看護認定看護師 赤木 高司
料金 8250円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2019年12月27日(金)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。

このセミナーに申し込む