このセミナーの受付は終了しました。

8/24【愛知】バイタルサインを活かして!急変を防げ!

〜Drコール? 様子観察? 急変の予兆について考える〜

急変なんてありえない!?急変には必ず予兆があります。いち早くその予兆に気づけば急変を防げるかもしれません。その鍵がバイタルサインにあります。急変にあたったことがない、夜勤が不安、後輩への指導、急変は内科病棟でも外科病棟でもどこでも起こりえます。
状態の悪い患者さんのバイタルサインはどこをみればいいのでしょうか?急変に至ったプロセスはバイタルサインにある。
このセミナーでは、病棟での血圧・心電図・SpO2などのモニタリングについて考え、このあと起こる“急変”の予兆について考えてみたいと思います。

セミナーのプログラム

    1、血圧を考える

    ○血圧を生み出す心臓
     心臓が働くための3つのキーワード

    ○ショック!? まずは手と足を触って

    2、ショックってどんな状態?

    ○ショック=低血圧ではない!

    ○もっとはやく対処しとけば・・・
     なんて後悔したくない!

    3、Drコールを考える

    4、座学で考える心肺蘇生のコツ

    5、SpO2を考える

    6、これだけは抑えておこう!
      危険な心電図

セミナー詳細情報

開催日 2019年8月24日(土)
開催エリア 愛知県
時間 12:30〜16:00
住所 愛知県名古屋市千種区吹上2-6-3
会場 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)4階第3会議室
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●地下鉄桜通線「名古屋駅」から徳重行き、「吹上駅」下車 5番出口より徒歩6分
講師 医療法人新生会高の原中央病院かんさいハートセンター・MEセンターセンター長臨床工学技士WCCM(西日本コメディカルカテーテルミーティング)世話人 野崎 暢仁
料金 7560円
カテゴリ 急性期看護
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2019年8月14日(水)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。