9/8【宮城】‐呼吸器疾患を中心に‐ 非がん患者の終末期看護

〜耐え難い身体的苦痛を緩和するケアと支援〜

 今日、高齢化社会の到来と慢性疾患患者の増大に伴い、がん患者だけでなく非がん患者の終末期ケアの重要性が認識されてきました。慢性呼吸器疾患の終末期患者は、耐え難い呼吸困難という身体的苦痛だけでなく、心理的、社会的、スピリチュアルな苦痛を抱えることが少なくありません。また予後予測が困難なため、終末期医療に関する意思決定支援が不十分で、その人らしく人生を締めくくることができないこともあります。
 そのような患者さんへどのようなケアを実践すればよいのか、事例を交え解説いたします。
 非がん患者の緩和ケアについての知識・技術を高めましょう。

セミナーのプログラム

    1、緩和ケアの考え方と
         非がん疾患の緩和ケアの現状

    2、非がん呼吸器疾患患者の終末期とは

    3、非がん呼吸器疾患患者の症状緩和

    4、終末期医療への意思決定支援

セミナー詳細情報

開催日 2019年9月8日(日)
開催エリア 宮城県
時間 13:00〜16:30
住所 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
会場 東北大学片平さくらホール 2階会議室
地図 コチラをクリック
交通アクセス 市営バス 東北大正門前
講師 大阪はびきの医療センター慢性疾患看護専門看護師 大阪府立大学大学院看護学研究科臨床教授 竹川 幸恵
料金 7560円
カテゴリ ターミナルケア
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2019年8月28日(水)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。

このセミナーに申し込む