このセミナーの受付は終了しました。

7/8【東京】避けては通れない! 院内急変時の初期対応

〜アセスメントと適切な処置・記録の仕方〜

 スタッフ数が少ない夜勤のとき、急変はあってほしくありません。しかし、私たちは院内急変を避けては通れません。むしろ、院内急変のとき適切な初期対応ができるように学び訓練しておくことが大切です。今回は、学びの部分に焦点を当てました。最新の情報を得ることは、知識や技術の再確認となるため、新人看護師のみならずベテラン看護師の方にも役立てて頂けると思います。

セミナーのプログラム

    1、医療安全を踏まえた病院の急変システム

     〇RRT/RRSの活用

    2、急変患者のアセスメント(ABCD)

     〇キラーシンプトム

    3、緊急処置と介助

     〇BLS、ACLS、ショック時の対応など

    4、急変時に必要な記録と情報共有
     
     〇基本的な記録の仕方
     〇コミュニケーションのあり方
     
    5、急変時の家族看護

セミナー詳細情報

開催日 2019年7月8日(月)
開催エリア 東京都
時間 13:00〜16:30
住所 東京都品川区東大井5-18-1
会場 きゅりあん 6階 大会議室
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」より徒歩1分
講師 自治医科大学付属病院救命救急センター主任看護師救急看護認定看護師急性・重篤患者看護専門看護師 谷島 雅子
料金 7560円
カテゴリ 急性期看護
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2019年5月30日(木)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。