このセミナーの受付は終了しました。

1/26【宮城】糖尿病のアセスメント&適切な看護

〜行動変容ステージにおける10の援助スキル〜

糖尿病は全身の血管に影響を及ぼし、様々な合併症を引き起こし、これらの合併症は患者さんのQOLを著しく低下させ、さらには命をも脅かすことになりかねません。これらの合併症を予防するためには、食事療法や運動療法、薬物療法を行い、血糖コントロールをする必要があり、患者さん自身が治療を生活の中に組み込んでいくことが重要です。
 今回は、基礎知識を確認しながら患者さんのセルフケアを促すための支援を一緒に考えていきたいと思います。

セミナーのプログラム

    1、糖尿病の病態と合併症

    2、糖尿病の治療
     
      (食事・運動・薬物)

    3、糖尿病患者の心理

    4、糖尿病患者に必要なセルフケア

      (低血糖・フットケア・シックディ)

    5、患者教育に必要なスキル

セミナー詳細情報

開催日 2019年1月26日(土)
開催エリア 宮城県
時間 13:00 〜 16:30
住所 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
会場 東北大学片平さくらホール 2階会議室AB
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●市営地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 南1口より徒歩約10分
●市営地下鉄東西線「五橋」駅 北2・北4口より徒歩約10分
●JR仙台駅 西口より徒歩約15分
講師 柏崎 純子(糖尿病看護認定看護師/看護係長/慢性疾患看護専門看護師)
料金 7560円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2019年1月18日(金)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。