8/19【宮城】透析患者看護 基礎

慢性腎不全患者は、「透析導入にならないように」と願い、保存期より血圧や食事管理などセルフケアを行っています。そうした中で、腎機能が悪くなり末期腎不全のため療法選択を迫られ透析導入し、またセルフケアを続けています。
私達看護師は、そうした患者の心理面を理解しながらも医学的基礎知識を高め、患者にとって実践的知識とようなアプローチができるための看護力を身につけましょう。

セミナーのプログラム

    1、腎臓の機能と検査値の見方

    2、透析療法選択のアセスメント

    3、透析患者の看護ポイント
    ●血圧管理 ●段階除水 ●セルフケア支援

    4、透析患者の合併症予防と対応
    ●どうしたらいい? ケーススタディ

セミナー詳細情報

開催日 2018年8月19日(日)
開催エリア 宮城県
時間 13:00〜16:30
住所 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
会場 東北大学片平さくらホール 2階会議室AB
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●市営地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 南1口より徒歩約10分
●市営地下鉄東西線「五橋」駅 北2・北4口より徒歩約10分
●JR仙台駅 西口より徒歩約15分
講師 聖隷佐倉市民病院 看護次長 透析療法指導看護師/坂井 晴美
料金 7560円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2018年8月12日(日)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。

このセミナーに申し込む