このセミナーの受付は終了しました。

3/21【東京】ナースのための 輸血のキホン

〜こんな時どうしよう? ABOとその先に〜

 輸血は、実は世界最古最多の臓器移植ともいえます。本セミナーでは、輸血に必要な検査の原理と代表的な輸血用血液製剤の適応・使用時のポイントについて、免疫学の基本からわかりやすく解説し、セミナー後には業務負担の軽減、リスク因子の低減に繋がることを目的としています。

セミナーのプログラム

    1、輸血前に必要な検査
     1) 血液型(ABO式、Rh式、その他)
     2) 不規則抗体スクリーニング
     3) 交差適合試験

    2、代表的な輸血用血液製剤と適応
     1) 赤血球製剤
     2) 新鮮凍結血漿
     3) 血小板濃厚液
     4) アルブミン製剤

    3、こんな時どうしよう?
     1) AB型の赤血球製剤が足りない!
     2) O型患者にA型の赤血球製剤を接続した?

    4、輸血と医療安全

セミナー詳細情報

開催日 2018年3月21日(水)
開催エリア 東京都
時間 13:00〜16:30
住所 東京都品川区東大井5-18-1
会場 きゅりあん 6階 大会議室
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」徒歩1分
講師 横浜市立大学附属病院 輸血・細胞治療部部長/上條 亜紀
料金 7560円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2018年3月13日(火)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。