2/18【大阪】3原則で考える! 麻酔看護マスター講座

〜観察ポイントから緊急事態の対処まで〜

毎日オペ室で働いていらっしゃるナースの皆さんが“いつもやるべき”ことを確実に行っていると、“いつもと違う”こと、すなわち緊急事態が起きたときに、“あれっ、おかしい”と早く見つける感度が高くなります。そして、なぜ“いつもやるべき”なのか、何が要点なのか知っておくと、“いつもと違う”事態が起こる可能性が予測できるようになります。
 “いつも行う”術前評価の要点を押さえておけば、たとえば術中心臓発作が起こる可能性を予測でき、血圧が下がったときにその評価や対処が早く、的確になります。
新しい発見を楽しみながら勉強しましょう。

セミナーのプログラム

    1、術中看護に活きる術前評価
    ●備えあれば憂いなし

    2、時系列で見る麻酔看護のチェックポイント
    ●“いつもやるべき”評価や観察をからだに染み込ませよう

    3、よく使う麻酔薬や循環作動薬
    ●薬剤の性格を知っておけば安心です

    4、三原則で考える緊急事態の対処
    ●“いつもと違う”事態に対応する感度を高めよう

セミナー詳細情報

開催日 2018年2月18日(日)
開催エリア 大阪府
時間 13:00〜16:30
住所 大阪府大阪市中央区本町1-4-5
会場 大阪産業創造館 6階会議室AB
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●地下鉄御堂筋線 新大阪駅
本町駅下車 >
地下鉄中央線 本町駅
中央線堺筋本町駅下車 2番出口
講師 自治医科大学総合医学第2(外科系)講座 主任教授 自治医科大学附属さいたま医療センター 副センタ―長・集中治療部 部長 聖路加国際大学 臨床教授/讃井 將満
料金 7560円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2018年2月12日(月)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。

このセミナーに申し込む