このセミナーの受付は終了しました。

2/4【東京】10秒でキャッチできる! 急変対応と異常の早期発見

〜見過ごしてはいけない! 急変の兆候!!〜

普段働く中で、いろいろな疑問を持ちながら働いている看護師さんはたくさんおられると思います。たとえば肺炎の患者さんに酸素飽和度だけで酸素の量を調整していませんか。どんなフィジカルアセスメントを使ったらいいのか?とか、心不全でもたんの量が増えると思うけど、肺炎との違いをどう見たらいいの?など。急変の兆候があるって聞いたけど。いつも見ている患者さんはいつもと変わらず会話もできて、何も訴えもなかったのに夕方になって突然意識がなくなったんです。という話はよく聞きます。血圧は保たれていてもショックとなっている患者さんはいっぱいいます。それを見逃していたら大変なことになります。それらをわかりやすく考えてみましょう。

セミナーのプログラム

    1、急変に気づく

    2、10秒でわかる急変時の緊急度と重症度

    3、緊急時のフィジカルアセスメント

    4、一次評価と、報告(ISBAR-C)

    5、事例演習とまとめ

セミナー詳細情報

開催日 2018年2月4日(日)
開催エリア 東京都
時間 13:00〜16:30
住所 東京都品川区東大井5-18-1
会場 きゅりあん 6階 大会議室
地図 コチラをクリック
交通アクセス ●JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」徒歩1分
講師 京都民医連中央病院HCU師長 救急看護認定看護師/赤木 高司
料金 7560円
カテゴリ その他
主催者 メディカル情報サービス
申込み締切日 2018年1月21日(日)
その他 お振込み後の受講料の払戻しは致しかねますので、申込者のご都合が悪くなった場合は、代理の方のご出席をお勧めいたします。