7/1【福岡】退院支援における看護師の役割

〜退院支援・在宅療養支援のスキルアップのために〜

現在、全国の市町で地域包括ケアシステムの構築を目指して「まち作り」が進んでいる中、病院で入院治療をしている療養者は、退院後にどのような住まいでどのような住まい方を目指しているのでしょうか。療養者の自己意思決定のサポートができるように、退院支援に関わる看護師には、地域包括ケアの概要や介護保険等で提供されるサービスの内容を理解し、社会資源を効果的につなげることを考察する能力が求められています。本講義では病院や地域で働く看護師の退院支援や在宅療養支援のスキルアップの一助になるような内容を提供したいと思っています。

セミナー詳細

開催日 2018年7月1日(日) 申込み締切日 2018年6月24日(日)
開催エリア 福岡県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/1【大阪】臨床に活かす! 検査値のミカタ

臨床現場で行われる検査には、尿検査、血液検査、生理機能検査などがあります。よく行われる検体検査や呼吸機能検査について、その検査の目的、基準値、疑われる病気、検査のポイントをわかりやすく解説します。

セミナー詳細

開催日 2018年7月1日(日) 申込み締切日 2018年6月24日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/2【大阪】ナースのための基礎と演習 初級モニター心電図

心電図といえばさまざまな波形に悩まされる方が多いようですが、実は原理を覚えれば目からうろこが取れるように理解できるものです。ナースの皆さんが当直時も、不安なく看護業務にあたれるよう本セミナーでは、基礎理論から正常か異常かを判別する波形のポイントや急変時の適切なドクターコールのタイミングなど業務に必要なポイントをわかりやすく説明いたします。

セミナー詳細

開催日 2018年7月2日(月) 申込み締切日 2018年6月24日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/4【東京】1日で学ぶ!フィジカル所見と画像検査

〜アセスメントに役立つ画像診断をリンクして解説〜

看護に役立つ画像所見を集めてみました。心雑音と心臓超音波検査、肺雑音と胸部レントゲン写真や胸部CT、黄疸や血便、血尿と超音波や腹部CT、意識障害や脳卒中と頭部CT、MRI。日常の看護でみられるフィジカル所見と画像検査の『リンクの規則』を勉強します。何となく苦手意識のある画像検査も画像のパターンがインプットされるとアセスメント能力が格段に上がり、患者さんのフィジカル所見の裏付けができて自信を的確な看護ができるようになります。

セミナー詳細

開催日 2018年7月4日(水) 申込み締切日 2018年6月26日(火)
開催エリア 東京都 料金 12960円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/5【東京】看取り期のケアとエンゼルメイク

〜変わりなく大切にケアすべきポイント〜

 患者さんは臨床を迎えても、家族にとっても看護師にとっても「その人」であることには変わりがなく、大切にケアすべき存在であるといえます。また、エンゼルケアには家族が悲嘆から立ち直るきっかけとなる力があり、そのケアを提供する看護師は重要な役割を果たしています。最後まで患者さんを「大切にケアすべき存在」と感じている看護師の思いを勇気を持って具体的な言葉やケアに込めて表現してみませんか?
 是非エンゼルケアに悩んでいる方々と一緒に、学びを深めていきましょう。  

セミナー詳細

開催日 2018年7月5日(木) 申込み締切日 2018年6月27日(水)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/6【愛知】伝授!心電図を看るための「4つのポイント」

心電図は難しいと思っている方!初歩から勉強したいと思っている方向けに、簡単イラストで明日から“より実践的”に現場で役に立つ心電図の見方をわかりやすく解説いたします。実践トレーニングでは、多くの方が実際に実際の心電図を診れるようになって頂いています。
目標は「あれ!?心電図を診るってこんなに楽しいの!?」と感じていただくこと!セミナーが終わるころには「早くいろんな心電図が診たい!」って思っていただけるはずです。

セミナー詳細

開催日 2018年7月6日(金) 申込み締切日 2018年6月28日(木)
開催エリア 愛知県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/7【東京】フィジカルアセスメントを行うためのフィジカルイグザミネーションの基本技術を身に付けよう〜呼吸器系,心臓・循環器系,腹部・消化器系〜

【概要】
 看護師にとって,対象の身体状態を判断するための「フィジカルアセスメント」は欠かせないものです。特に内科系,外科系のどちらにおいても基本となる呼吸器系のフィジカルアセスメントや腹部・消化器系のフィジカルアセスメントは,非常によく行うものだと思います。
 フィジカルアセスメントを行うためには,その根拠となる情報が正確かつ的確なものであることが重要ですが,身体に関しての客観的情報をとる技術が「フィジカルイグザミネーション」技術となります。このなかには視診,触診,打診,聴診という4つの技術が含まれます。すでに看護師の皆さんは臨床で使われているかとは思いますが,たとえば打診の技術を日々活用している方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?打診は慣れれば簡単ですが,打診音が出るためにはある程度の練習と実践が必要です。そして打診ができれば,対象の患者さんに負担をかけることなく,看護師にとって非常に有効な情報を簡単に得ることができます。
 フィジカルアセスメントは,この10年ほどの間に日本の看護基礎教育にも導入されるようになってきたため,看護基礎教育で学ばれた方も多いと思います。ただしフィジカルイグザミネーションは「ツール(道具)」ですので,活用するためには正しい技術を身に付け,熟練することが求められます。
 本セミナーでは,講義だけでなく演習を行い,翌日からの臨床の現場ですぐに使っていただけるようにということを主眼としています。打診はちょっとしたコツがありますので,それができれば打診を活用できるようになります。演習を通して1人1人の受講者の方の技術の確認とアドバイスをしたいと思います。本セミナーを通してフィジカルイグザミネーションの基本の技術と,呼吸器系,循環系,腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの基本についてあらためて復習し,日々の看護に役立てていただければ幸いです。

【本セミナーの目標】
・フィジカルイグザミネーションの基本技術(視診,触診,打診,聴診)について,目的,正しい方法を理解し,実践できる
・呼吸器系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,基本的なフィジカルイグザミネーション技術を習得する
・心臓・循環系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,頸部の血管,末梢循環系のフィジカルイグザミネーション技術を習得する
・腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,基本的なフィジカルイグザミネーション技術を習得する

セミナー詳細

開催日 2018年7月7日(土) 申込み締切日 2018年7月4日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/7【東京】サインの真意を見抜け! 急変症状とバイタルサイン

〜あなたならどうする!? 緊急時のアセスメント〜

 ナースとして日々行っているバイタルサインの観察ですが、働き始めてしまうと改めて学ぶ機会が少ないように思います。ナースにとって基本的な仕事ですが、非常に重要な仕事です。
 もう一度基本に返ってバイタルサインについて学習することで、患者さんが示してくださるサインを早期にキャッチできるようになること、また、そのサインにどう対応したらよいか、みなさんの手がかりになる研修にいたします。

セミナー詳細

開催日 2018年7月7日(土) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/7【愛知】避けては通れない! 認知症・せん妄の看護

認知症看護は「その人らしく」いるために、その人をじっくり見続けなければならず、「個」を大切にしてこそ認知症看護の意味があります。認知症を病む人の病態と併せて「個」を大切にする認知症看護について探究していきましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年7月7日(土) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 愛知県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/7【東京】患者指導に活かす!透析の検査値を極める<目からウロコ!検査値の意味がわかれば、患者管理の要も落とし穴もわかる>

<このセミナーの到達目標>
●透析患者の検査値の読み方がわかるようになる!
●透析患者の検査力病態を読み解くことができる!
●透析患者に検査値の説明ができ、日常の指導に役立つ知識が得られる!
<受講対象者>
●透析室勤務3年以上のナース
●すでに透析室に勤務しているが、さらにレベルアップしたいナース

セミナー詳細

開催日 2018年7月7日(土) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/8【東京】心不全患者のアセスメントと管理,ケアの実践

【概要】
 高齢化社会とともに心不全の患者さんは爆発的に増えています。最近は、急性期病院のみならず慢性期病院や在宅医療の現場でも心不全を合併している患者さんに接する機会は非常に多くなっています。心不全の知識や看護のポイント、急変時の対処方法はすべての看護師に求められているスキルだと思います。特に急増する高齢の患者さんでは生命予後改善を目的とした従来の治療からADL改善を目的とした治療へと考え方の修正が求められている中で、看護師に期待されるスキルも従来から大きく変わってきています。また、ポリファーマシーの問題や在宅での水分栄養管理等、多職種間や医療機関どうしの連携においても大きな役割を果たすことが期待されています。

 心不全は心臓の収縮機能が低下している患者さんに起こると従来は考えられていましたが、最近は心臓の収縮機能が低下していない患者さんにも高齢者を中心に心不全に陥ることがわかってきました。心不全の診断も血液検査でできる時代になっています。さらに治療薬も以前は心不全に禁忌だったベータ遮断薬が今では心不全の治療に欠かせない薬になっています。薬以外にもペースメーカーや補助心臓ポンプ等の機械による治療が最近10年間で急速に進歩しています。しかし、このように進歩した治療法も心不全の進行を抑えることはできますが心不全を根治することはできず、多くの患者さんが入退院を繰り返しながら亡くなっています。

 また、治療に加え運動を始めとする日頃の自己管理も心不全の進行を防ぐためには重要です。さらに家族も含めた精神的ケアも非常に重要です。最近では緩和ケアも大きな課題となっています。多職種からなる心不全チームとして情報共有しながら多くの課題を抱える心不全患者へチーム一丸となって対応することが求められています。

 本セミナーでは心不全の基礎から最新の知識までを習得し,フィジカルアセスメントのポイントや急変時のポイント、さらに再入院しないための自己管理のための指導内容について学びます。

【本セミナーの目標】
・心不全の基本的な病態や治療が理解できる
・心不全症状を理解しフィジカルアセスメントが実践できる
・心不全患者の自己管理のための指導ができる
・救急、病棟、在宅、どこでも心不全の看護が自信を持ってできる

セミナー詳細

開催日 2018年7月8日(日) 申込み締切日 2018年7月4日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/8【大阪】呼吸・循環のフィジカルアセスメント

〜状態の把握と異常の早期発見のために〜

 日頃から行っているバイタルサインをもう一歩踏み込んで考えてみませんか?基本的なことには大切なことがたくさんあります。もう一度、基礎からバイタルサインの異常・変化をとらえてフィジカルアセスメントを行い、看護の意味づけができたらいいと思っています。

セミナー詳細

開催日 2018年7月8日(日) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/8【愛知】障がい児とその家族に関わる専門職としての支援・助言の考え方〜他機関(教育・福祉・リハビリテーション)との協働の視点を含めて〜名古屋会場〜

■ねらい
医療・福祉を必要とする子どもたちと関わる医療・療育・行政のスタッフが、子ども達の発達を保障する環境作りをするために協働する為のヒントを得る。


■講義概要
医療・福祉を必要とする子ども達の発達を支えるスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)は、お子さんを取り巻く環境が能力発揮に大きく影響することを実感していると思う。

子どもの発達は、リハビリテーションの介入をしている時だけで起きているのではなく、むしろ日々の生活の中で様々な経験をして、その一つ一つが発達の糧となっている。
セラピストだけが発達を促すのではなく、子ども達が能力を発揮できる環境が発達を支えていく事になる。
環境を整えるために、多職種協働が必須であり、ご家族と共にお子さんの発達を保障していくチームになる必要がある。

この講義では、小児領域で活躍するスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)が、良環境を作る為に他職種を知る事、多職種での関わりを学ぶ事や家族との関わりについて、セラピストと相談支援専門員の立場からお話しすることとケースを通して皆で考える場としたい。

子ども・家族は一人ひとり違う為、正解があるものではないが、学術的な事柄やケースを通して考え方を共有し、ご家族・関係機関との良好な関係・環境構築の第一歩として頂きたい。

セミナー詳細

開催日 2018年7月8日(日) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/8【北海道】薬剤の使い分けから事例検証まで 【がん性疼痛のコントロール】

〜適切なアセスメント能力の向上のために〜

 がん性疼痛は、がんの患者さまが抱える深刻な症状の一つであり、身体の疼痛が持続すれば、不眠・不安・抑うつ・せん妄が生ずる悪循環を引き起こし、人としての存在や尊厳までもが否定される究極の苦痛をもたらします。さらに、患者さまだけでなく、家族や医療スタッフにも苦痛や疲労感を与えます。そのため、がん病変に対する治療だけでなく、身体の疼痛に対する治療が積極的に行われることが求められています。患者さんとその家族が痛みから解放されるために、がん性疼痛管理の中心的役割を担う看護師の皆さんの一助となるよう懸命に講義いたします。

セミナー詳細

開催日 2018年7月8日(日) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 北海道 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/9【北海道】看取りの看護とグリーフケア

人は人生の中で喪失と悲嘆を繰り返しながら生きています。その中でも、大切な人との別れは支えを失う程の喪失体験となり悲嘆となります。私達、看護師は看取りに関わることが多く、患者の喪失体験に自分自身の無力さを痛感し家族の悲嘆を目の当たりにすることで「関りが良かったのか」「もう少し早く関われたなら」と思うことがあるのではないでしょうか。グリーフケアは最期の看取りの場面だけが大切なのではなく、日々の看護、患者・家族との関りがグリーフケアへと繋がり、残された家族が歩む人生の支えとなると考えます。この講座を通して、グリーフケアへの理解が深まり患者・家族への日々の看護の一助となればと考えます。

セミナー詳細

開催日 2018年7月9日(月) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 北海道 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/10【北海道】初級心電図セミナー 【モニター判読&対応の仕方】

〜現場に直結! わかれば簡単! ポイントは3つ!!〜

 心電図モニターは誰もが苦手意識をもつものです。アラームが鳴った時に「どうしよう!?」「なんで鳴ってるの?」「これって先生に言うべきなの?」と思ったことはありませんか?そんな「?」を解決します。
 心電図モニター波形を読む際のポイントは3つしかありません。そのポイントを押さえれば、「たったそれだけのことだったんだ!!!」と誰もが実感できるはずです。
 また、看護職にとっての高い壁が医師への報告です。その報告の仕方についても、具体的に説明していきます。
 皆さんの苦手を簡単に得意に変えていきましょう!!!

セミナー詳細

開催日 2018年7月10日(火) 申込み締切日 2018年7月2日(月)
開催エリア 北海道 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/13【宮城】事例で学ぶ! がん化学療法における看護師の役割

〜意思決定支援から症状マネージメント〜

がん化学療法を受ける患者は、治療によって起こる様々な副作用症状に対処しながら社会生活を送っており、私たち看護師には、化学療法を継続しながらもその人らしく充実した生活を送るための支援が求められています。本セミナーでは、がん化学療法の基本をおさえたうえで、看護師が果たすべき役割や有害事象ケアについて、事例を紹介しながら知識を深めます。自信をもってがん化学療法看護ができるナースを目指して、是非一緒に勉強しましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年7月13日(金) 申込み締切日 2018年7月5日(木)
開催エリア 宮城県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/14【宮城】ナースのための 輸血のキホン!

〜こんな時どうしよう? ABOとその先に〜

 輸血は、実は世界最古最多の臓器移植ともいえます。本セミナーでは、輸血に必要な検査の原理と代表的な輸血用血液製剤の適応・使用時のポイントについて、免疫学の基本からわかりやすく解説し、セミナー後には業務負担の軽減、リスク因子の低減に繋がることを目的としています。

セミナー詳細

開催日 2018年7月14日(土) 申込み締切日 2018年7月8日(日)
開催エリア 宮城県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/16【福岡】患者さんの?苦しいから逃げない”看護 【終末期の苦痛ケアと鎮静】

〜訴えの受け止め方とあるべき対応の仕方〜

 呼吸困難や嘔気と嘔吐を中心とした消化器症状への対応は、まだまだ不十分と言わざるを得ませんが、私たち医療提供者は、患者さんの“苦しい”から逃げることなくがん診療の現場に立つために、患者さんの訴えをどのように受け止め、解釈し、そしてどのような手法をもって対応することが可能かということを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

セミナー詳細

開催日 2018年7月16日(月) 申込み締切日 2018年7月8日(日)
開催エリア 福岡県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ ターミナルケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/16【愛知】ノ―リフトケア(R)入門〜名古屋会場〜

ねらい
・どのようなケアがいけないのか、ノーリフトケア(R)とはどのようなものなのかを知る
・チーム多職種で進めるためのそれぞれの役割や導入方法を知る

講義概要
介護される側・する側双方において安全で安心な、抱え上げない・持ち上げないケアをノーリフトケア(R)と呼びます。
安全で安心なケアを提供するには、身体の間違った使い方を無くし、患者さんの状態に合わせて動きのサポート方法を考え、必要に応じて福祉用具を有効に活用し取り組むことが必要です。

ノーリフトケア(R)は、福祉用具を使うことが目的ではなく、双方の健康的な生活を保障できるケアを実践することが目的であり、実践のためには、チーム多職種で進める必要があります。
看護や介護は、ノーリフトケア(R)の必要性を知り実践ができること、そしてセラピストは身体機能面と予後予測のアセスメントを元に、どのようなケアをするべきなのかをプラニングする役割を担う必要があります。

介護者を腰痛から守り、対象者の自立を促し二次障害を予防するノーリフトケア(R)を伝えたいと思います.

セミナー詳細

開催日 2018年7月16日(月) 申込み締切日 2018年7月8日(日)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む