6/2【東京】新人さん大歓迎!基礎から学べる!ナースのための虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療の看護

【概要】
 心臓カテーテル室における看護師の役割を理解するため,今回は虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療・看護について学びます。
 まず,基本となる虚血性心疾患の病態についての理解を行います。続いて,それに対するさまざまな治療方法を理解し,選択される心臓カテーテルでの治療方法について,使用物品や検査機器などの基礎的な知識を得ます。そして,看護師にとって,心臓カテーテル検査・治療の理解の妨げになると思われる専門用語についても理解を得ます。また,IABPやPCPSといった補助循環に対する基礎知識も学びます。
 看護師としての役割を遂行するため,本セミナーでは,上述の知識をバックボーンとした,心臓カテーテル室における「看護」についての知識を深めます。とくに実践的となる心臓カテーテル前・中・後における看護は,患者の不安の軽減,安楽,合併症など,ポイントを押さえた講義としています。
 これらの内容を踏まえて,自施設における独自性を踏まえた専門性のある看護師の育成を本セミナーの目的とします。

【本セミナーの目標】
心臓カテーテル室で必要となる専門的知識(虚血性心疾患)を身につけ,チームの一員として看護を提供できるようになる

【講師からのメッセージ】
 全国の循環器ナースの皆さん,毎日,どのような思いで働いていますか? 循環器にかかわるナースにとって,心臓カテーテル室の知識は必須ですよね!
 でも...「なんか,いまいち心臓カテーテルってわからない。専門用語が多くて,大変!」「ときどきしか入らないので,すごく困ってる...」「ウチのやり方って,標準なの? 他施設はどうやってるの?」「急変とか怖いし,PCPSとかIABPってそもそも何?」などと思っていませんか?
 大丈夫,安心してください! もっと理解したい!心臓カテーテル室の看護を教えて!という悩めるナースの皆さん,このセミナーがあります! 新人さんからベテランさんまで,大歓迎! 講師がすべての疑問に答えます!

セミナー詳細

開催日 2018年6月2日(土) 申込み締切日 2018年5月30日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/2【広島】急変時の手術看護

〜術中モニタリングとケア、看護師ができること〜

 手術中に患者さんが急変した場面で、慌ててしまい、うまく対処できなかった、医師の指示に対応できなかった、動けずに悔しい思いをした方はいらっしゃいませんか?
手術を受けられる患者さんに「安全」「安心」「安楽」な医療・看護を届けることは、私たち手術室看護師の使命です。手術中にどのようなことが起こる可能性があるのか予測し、備えることは患者さんを守ることにつながります。
 急変時に、また急変時に備えて、私たち看護師ができること、気を付けなければならないことを一緒に考えてみませんか?手術室Nsだけでなく、術中に起こったこととその対処を学ぶことで、術後看護に携わる病棟Nsにも役立つ内容を目指します。

セミナー詳細

開催日 2018年6月2日(土) 申込み締切日 2018年5月27日(日)
開催エリア 広島県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/2【大阪】ナースが行う! 退院支援と在宅支援

〜自宅に帰りたい! ご家族の帰したい! を実現するために〜

 地域包括ケアシステムの構築と言われているなか、「自宅に帰りたい!」を実現するために、医療者がバリアにならないこと、退院の期をのがさず対応することが重要です。“患者さんの帰りたい・ご家族の帰したい”を実現するために、切れ目のない医療の提供と、患者さん・ご家族が、住み慣れた自宅・地域で安心して療養生活が継続できるよう、地域のサービス担当者と連携しています。自宅訪問もしています。

セミナー詳細

開催日 2018年6月2日(土) 申込み締切日 2018年5月27日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/3【宮城】ナースのための基礎と演習 【初級モニター心電図】

〜正常!?異常!?実際の波形で判読チェック〜

心電図といえばさまざまな波形に悩まされる方が多いようですが、実は原理を覚えれば目からうろこが取れるように理解できるものです。ナースの皆さんが当直時も、不安なく看護業務にあたれるよう本セミナーでは、基礎理論から正常か異常かを判別する波形のポイントや急変時の適切なドクターコールのタイミングなど業務に必要なポイントをわかりやすく説明いたします。

セミナー詳細

開催日 2018年6月3日(日) 申込み締切日 2018年5月27日(日)
開催エリア 宮城県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/3【東京】褥瘡治療における創と外用剤のベストマッチング〜早く治せることが常識!?〜

【概要】
 長年,難治性とされてきた褥瘡は治る疾患となってきました。褥瘡は患者の状態から考えても早く治すことが必要とされています。治癒を阻害する要因は何か,それを考え直す機会になります。治らないのは治せるケアをしていない証かもしれません。治せる局所環境や湿潤環境に着目した薬物療法が早期治癒を実現します。そのポイントを学んでいきましょう。

【本セミナーの目標】
・褥瘡の発症と増悪要因を知る
・外用薬の効く局所環境を作る
・外用薬の特性を知る


【講師からのメッセージ】
 褥瘡は治らない。そう思い込んでいませんか? 褥瘡に対する先入観から,治すための視点をなくしていませんか? 今や,褥瘡は治せる疾患になっています。偏見で褥瘡をみていては,何の解決にもなりません。どれだけかかわってもむなしさだけが残りますね。普段の取り組みが褥瘡患者のために適切か,それを見直してみる機会になると思います。本セミナーで,褥瘡に対する難治性というイメージを払拭してみませんか?そこから褥瘡治療への新しい挑戦が始まります!

セミナー詳細

開催日 2018年6月3日(日) 申込み締切日 2018年5月31日(木)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 褥瘡ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/3【大阪】サインの真意を見抜け! 急変症状とバイタルサイン

〜あなたならどうする!? 緊急時のアセスメント〜

 ナースとして日々行っているバイタルサインの観察ですが、働き始めてしまうと改めて学ぶ機会が少ないように思います。ナースにとって基本的な仕事ですが、非常に重要な仕事です。
 もう一度基本に返ってバイタルサインについて学習することで、患者さんが示してくださるサインを早期にキャッチできるようになること、また、そのサインにどう対応したらよいか、みなさんの手がかりになる研修にいたします。

セミナー詳細

開催日 2018年6月3日(日) 申込み締切日 2018年5月27日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/5【福岡】こどもの急変・緊急時の看護

〜こどもの急変に対応するための小児ケア〜

病棟、外来、施設や学校、在宅と私たち小児看護の現場は多様となっていますが、こどもの急変はどこであっても起こる可能性があります。
急変対応するためには、まずこどもの正常を知ること、異常に気付くこと、そして生命維持や救命のための迅速な対応方法を知っておくことが重要となります。
対応方法のみならず、原因や症状、留意点もふまえながら、こどもの急変に対応するための小児看護ケアをお伝えできればと思います。

セミナー詳細

開催日 2018年6月5日(火) 申込み締切日 2018年5月28日(月)
開催エリア 福岡県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/7【北海道】エビデンスに基づくエンゼルケア

〜ご遺体の変化を理解して、行うべきケア〜

エンゼルケアには、医学的に起こり得るご遺体変化(悪化)の防止や抑制のためという大きな目的があります。本講座では、エビデンスに基づいて遺体の基本的な変化や疾患・治療・症状による特異な変化を知ること、変化に合わせた適切なケアのあり方や、黄疸・乾燥・褥瘡・ストーマなど困難事例へのケアの仕方を習得して頂きます。科学的根拠を知ることにより伝承ではなく合理的に患者さん・ご家族への最善のケアができるよう、この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細

開催日 2018年6月7日(木) 申込み締切日 2018年5月30日(水)
開催エリア 北海道 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

開催日 2018年6月9日(土) 申込み締切日 2018年6月6日(水)
開催エリア 福岡県 料金 9000円
運営会社 (株)新社会システム総合研究所 カテゴリ 褥瘡ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/9【東京】エンゼルケアの達人になろう!

【概要】
 ご遺体の状態などを配慮しながら,ご家族の意向を最優先し,貴重な看取りの場面のサポートをするエンゼルケアは,ケースに応じた柔軟な判断と対応が必要です。
ご家族がご遺体の冷却を拒んだ場合にどう判断するか。
しばらく点滴は入れておいてほしいと言われたときどう判断するか。
開いている口は閉じなくていいですと言われたときにどう対処するのか。
など,さまざまな状況において,担当者としての判断が求められます。

 その場で看護師として自信を持って判断・対応するには,何を知っておくべきか,何を考えておくべきか。
 本セミナーは,その答えとなる内容を目指して,エンゼルケアの検討・実践のために絶対におさえておいていただきたい点を講演いたします。

 具体的には,
●エンゼルメイクを含むエンゼルケアの言葉の定義
●エンゼルケアの目的の整理やキーワード共有のすすめ
●従来の死後処置の方法が変化している現状
●エンゼルケアの検討・実践のために把握しておいてほしい点
●死後の身体変化を踏まえたケア
●コミュニケーションの重要性
●エンゼルメイクが看取りの手段になるということ
●ならわしの考え方
●エンゼルケアにまつわる社会事情
●柔軟な対応のベースとなる基本の流れや手技
など,議論,検討,実践に役立ち,マニュアル刷新の参考にもなる内容としました。

 また,顔のエンゼルメイクのデモンストレーションを通して,実際の手つきや化粧品の扱いなどを参考にしていただきたいと思います。


【講師からのメッセージ】
 病院以外の施設や自宅で臨終を迎えるケースが増えており,エンゼルケアはますます柔軟な判断と対処が求められる状況になっています。
 ナースのみなさんからエンゼルケアについてさまざまに問い合わせがありますが,そのなかでも,顔のエンゼルメイクのまつわる物品,すなわち化粧品類についての質問が少なくありません。
 化粧品の知識を持つことで,何で代用すればよいのか,などなど,その場での柔軟な判断が可能になります。そこで本セミナーでは,化粧品の解説も盛り込みます。私のセミナーでは初めてです。ぜひ参考にしていただきたいと思います。


【本セミナーの目標】
● なぜ,ケース別に柔軟な判断をすることが必要なのか理解する
● 死後の身体変化など,検討や実践の前に把握しておくべき点を理解する
● 基本の流れと基本手技がわかり実践に生かすことができる

セミナー詳細

開催日 2018年6月9日(土) 申込み締切日 2018年6月6日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/9【東京】フットケアの実践〜予防のためにセルフケア支援〜下肢切断回避のために「看護師だからできること」

【概要】
 フットケアを,講義,実技演習,事例検討から一度に学ぶことができる,盛りだくさんで密度の濃いセミナー!
 フットケアを必要とするのは,血流障害,神経障害,免疫機能障害などを引き起こす糖尿病や関節リウマチなどの疾患を持つ人や透析を受けている人だけではありません。身体や認知機能の低下を認める人など多岐にわたります。しかし,こちらで全面的に実施するものではなく,当事者にできないといわれるなかからできることを探す,代わりにできる人材を探す,できることを容易にする物品を探す,できることを支援するための制度を探すなど,患者を取り巻くすべてのもののなかに,たくさんのヒントが隠されています。これらを探して活用し,全人的にかかわることで支え続けるケアを提供することが,看護師の役割であると考えます。
 今回のセミナーでは,フットケアの重要性を確認するための講義,実践のための実技演習,そして,患者の課題をあらゆる方向から考える事例検討会を1日かけて実施する予定です。
 参加する方は,1か月間,足の爪を伸ばしてきてください。そして,爪を切れない気持ちを体感し,セミナーに臨んでみましょう。また,爪用ゾンデ,ニッパー型爪切り,爪やすりを使って,参加者同士でフットケアを実施します。する側だけでなく,される側も体験することで,患者の気持ちを理解する一助となります。
 とても盛りだくさんな1日ですが,足にじっくりと向かい合うよい機会になると思います。皆様のご参加を,心よりお待ち申し上げます。

【本セミナーの目標】
・予防的にかかわることの大切さを,疾患や障害などを知ることで理解できる
・医療現場で行う足のアセスメントと爪ケアの基本手技を実施できる
・足から全身,そしてその患者の心の状態を理解し,よりよいケアに結びつけることができる

セミナー詳細

開催日 2018年6月9日(土) 申込み締切日 2018年6月6日(水)
開催エリア 東京都 料金 19000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/10【愛知】ナースのための 輸血のキホン!

〜こんな時どうしよう? ABOとその先に〜

 輸血は、実は世界最古最多の臓器移植ともいえます。本セミナーでは、輸血に必要な検査の原理と代表的な輸血用血液製剤の適応・使用時のポイントについて、免疫学の基本からわかりやすく解説し、セミナー後には業務負担の軽減、リスク因子の低減に繋がることを目的としています。

セミナー詳細

開催日 2018年6月10日(日) 申込み締切日 2018年6月3日(日)
開催エリア 愛知県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/11【石川】事例で学ぶ! がん化学療法における看護師の役割

〜意思決定支援から症状マネージメント〜

がん化学療法を受ける患者は、治療によって起こる様々な副作用症状に対処しながら社会生活を送っており、私たち看護師には、化学療法を継続しながらもその人らしく充実した生活を送るための支援が求められています。本セミナーでは、がん化学療法の基本をおさえたうえで、看護師が果たすべき役割や有害事象ケアについて、事例を紹介しながら知識を深めます。自信をもってがん化学療法看護ができるナースを目指して、是非一緒に勉強しましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年6月11日(月) 申込み締切日 2018年6月3日(日)
開催エリア 石川県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/12【石川】看取り期のケアとエンゼルメイク

〜変わりなく大切にケアすべきポイント〜

 患者さんは臨床を迎えても、家族にとっても看護師にとっても「その人」であることには変わりがなく、大切にケアすべき存在であるといえます。また、エンゼルケアには家族が悲嘆から立ち直るきっかけとなる力があり、そのケアを提供する看護師は重要な役割を果たしています。最後まで患者さんを「大切にケアすべき存在」と感じている看護師の思いを勇気を持って具体的な言葉やケアに込めて表現してみませんか?
 是非エンゼルケアに悩んでいる方々と一緒に、学びを深めていきましょう。  

セミナー詳細

開催日 2018年6月12日(火) 申込み締切日 2018年6月4日(月)
開催エリア 石川県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/16【東京】心不全の知識<そこが知りたかった!心不全(急性・慢性)の病態理解から治療・検査・ケアまで>

<このセミナーの到達目標>
●心不全治療法をしっかり理解しよう!
●心不全看護をしっかり理解しよう!
●心不全リハビリテーションをしっかり理解しよう!
●症例に応じた実践を理解しよう!
<受講対象者>
心不全患者のケアに関わる新人〜中堅ナース

セミナー詳細

開催日 2018年6月16日(土) 申込み締切日 2018年6月10日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/16【東京】イチから分かる”周術期麻酔管理”

【概要】
 手術前から始まっている患者さんの周術期管理を,麻酔看護の点から概説する。
 術前に看護師としてどのように患者のリスクを評価し,看護すればよいのか?手術室内では,麻酔の導入から維持,覚醒に至るまで,麻酔科医とはじめとする医療スタッフとどのようにチーム医療に関わっていけばよいのか?そして,いかに患者さんがいかにして安心して周術期を過ごし,速やかな社会復帰を応援していけばよいのか?
 この分野に関して造詣の深い,そしてコメディカルに対してのセミナー実績の多い山蔭道明先生(札幌医科大学医学部麻酔科学講座 教授)にセミナーをお願いした。面白いトークに加え,動画などをふんだんに活用したセミナーは全国でも定評があり,2007年には体温管理の話題で世界一受けたい授業(日テレ系)に出演し,2014年には大学内のベストティーチャー賞を受賞した。
 このセミナー,受講しない手はない。

 興味深い事例や麻酔方法を,講義の合間に動画を使って紹介します。
1) 札幌医大附属病院手術室の様子
2) 吸入麻酔薬ってどうして効くの?
3) 脳死ドナー患者さんの麻酔法は?
4) 患者さんが麻酔から起きて脳外科の手術を受けるってホント?
5) 上手なあるいは下手な麻酔導入法を紹介
6) 吸入麻酔薬だけで導入?
7) レミフェンタニル(アルチバR)麻酔の基本は?
8) 外国の日帰り麻酔ってどんな感じ?

【講師からのメッセージ】
 これから手術を受けて,社会復帰を目指そうとする患者さんは,大変な不安を抱えて手術に臨もうとしています。彼らが受けなければならない外科侵襲から患者さんを守り,早期回復を果たそうと努力しているのが麻酔科医です。しかし,現在の医療は高度化・複雑化しており,麻酔科医だけでその目標を達成するのは無理です。そのため,看護師を含めた「周術期管理チーム」なる考え方があり,看護師さんにもそのチームの一員となって安全で安心な急性期医療を提供していかなければなりません。看護師になって手術室に配属された方,あるいは病棟から手術室勤務に異動になった方,さらには手術患者を多く扱う外科病棟や集中治療室で勤務している方,そんな看護師さんを対象に分かりやすくて楽しいセミナーを企画しました。周術期看護に必要なポイントを分かりやすく解説しますので,セミナー終了後にはワンステップならず数段階向上したと感じてもらえるのではないでしょうか?多くの参加をお待ちしております。

セミナー詳細

開催日 2018年6月16日(土) 申込み締切日 2018年6月13日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/16【大阪】看護職のための 看護研究論文の書き方

〜コレでOK!手順と方法の基礎の基礎〜

突然看護研究論文を書くことになったあなた、いったい何をどうしたらいいのか悩んでいませんか?
この講座では看護研究論文を書き進める手順や方法を基礎の基礎から説明していきます。看護研究ビギナーはもちろん、文章を書くことに自信のない経験者や指導者にも役立つこと間違いなしです。

セミナー詳細

開催日 2018年6月16日(土) 申込み締切日 2018年6月10日(日)
開催エリア 大阪府 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/17【宮城】ER・オペ室・ICU・病棟ナースのための 【輸液管理の基礎知識】

〜ショックの輸液から病態別輸液まで〜

ER・オペ室・ICU・病棟では、毎日当然のように輸液管理が行われています。たとえば、3号液を100ml/時間で点滴したり、500mlの生理食塩水を全開で投与したり、尿量を測って水分バランスを計算したりしていますね。しかし、ちょっと立ち止まって考えてみると、なぜその輸液製剤を選んだのか、なぜそのスピードで落とすのか、そもそも何のために輸液するのか、副作用はないのかなど、次々に疑問が浮かぶはずです。本セミナーでは、このような疑問1つ1つに丁寧にお答えしていき、果たして“本当のところどうなのか”をお伝えします。

セミナー詳細

開催日 2018年6月17日(日) 申込み締切日 2018年6月10日(日)
開催エリア 宮城県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 輸液管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/17【愛知】薬剤の使い分けから事例検証まで 【がん性疼痛のコントロール】

〜適切なアセスメント能力の向上のために〜

 がん性疼痛は、がんの患者さまが抱える深刻な症状の一つであり、身体の疼痛が持続すれば、不眠・不安・抑うつ・せん妄が生ずる悪循環を引き起こし、人としての存在や尊厳までもが否定される究極の苦痛をもたらします。さらに、患者さまだけでなく、家族や医療スタッフにも苦痛や疲労感を与えます。そのため、がん病変に対する治療だけでなく、身体の疼痛に対する治療が積極的に行われることが求められています。患者さんとその家族が痛みから解放されるために、がん性疼痛管理の中心的役割を担う看護師の皆さんの一助となるよう懸命に講義いたします。

セミナー詳細

開催日 2018年6月17日(日) 申込み締切日 2018年6月10日(日)
開催エリア 愛知県 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/17【東京】整形外科での看護実践能力を磨く〜人工膝関節とは,どのような手術なのか?〜

【概要】
 人工膝関節置換術の目標は,「痛みがなく,安定した,可動域の良い,一生もつ膝」を作り,ADLを向上させ,合併症を起こさないことです。このため,膝の解剖と関節運動への理解が必要です。
 手術は,末期の変形性膝関節症や関節リウマチなどに適応され,病態と変形に応じ,骨変形の矯正(骨切り)と軟部組織(靭帯)バランスの調整,安定性と可動域の確認,インプラントの設置と進みます。
 手術は,高齢の患者に「けが」を負わせることであり,しかもインプラントという「異物」を設置する点が特殊です。合併症である感染・出血・血栓・内科的イベントの発生に注意が必要です。術中・術直後のみならず,術後20年目の晩期感染など患者の生涯にわたって,合併症は起こりえます。臨床現場で遭遇する合併症の診断,予防,治療を理解しましょう。術後クリパスを使用しますが,合併症でパスから外れた患者は自分だけ遅れたことを悩みがちです。こうした方こそ,「病態の把握」と「心のケア」が必要です。

【講師からのメッセージ】
 人工膝関節置換術の目標は,痛みなく,安定した,可動域のよい,一生もつ膝を作り,術後合併症を起こさないことです。このためには,膝の機能解剖,手術手技と侵襲,合併症の診断と治療への理解が必要です。
 手術は変形性膝関節症や関節リウマチなどに適応され,骨の変形を矯正し,軟部組織のバランスを取り,インプラントを設置します。手術室の環境整備と骨と軟部組織に対する愛護的操作は,感染・出血に対する予防策となります。
 術後クリパスを使用しますが,合併症のためパスから外れる患者がいます。こうした方にこそ,病態把握と心のケアが必要です。病棟で役立つ合併症(感染,出血,血栓,骨折など)の診断,予防,治療を理解しましょう。

【本セミナーの目標】
1. 膝関節の機能解剖と運動(バイオメカニクス)への理解
2. 安定性と可動性,耐久性を得るため進歩してきた人工膝関節と手技への理解
3. 手術室における合併症(感染,出血,血栓)を避けるための対策への理解
4. 病棟における術前・術後管理,リハビリテーションへの理解
5. 人工膝関節の合併症の診断,予防,治療への理解

セミナー詳細

開催日 2018年6月17日(日) 申込み締切日 2018年6月13日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む