5/19【東京】現場で役立つ!看護師のための栄養ケア

【概要】
 急性期治療から高齢者のケアに至るまで,栄養管理は患者のアウトカムを左右する重要なケアの1つです。これまで低栄養の病態として,マラスムス,クワシオルコルなどが知られていましたが,近年,サルコペニア,カヘキシア,フレイルティといった新たな病態が注目されています。基礎疾患や炎症の有無などに着目した適切な管理について解説します。

 低栄養が進行すると,改善がより困難になり,患者のアウトカムも低下します。医師,管理栄養士だけでなく,看護師が低栄養とその合併症について理解することによって,早期発見やより適切な対応を行うことができます。低栄養を発見するためには,主観的包括的評価(SGA)や,MNAなどのアセスメントツールを正しく使い分けることが重要です。症例のデータなどを用い,実際にツールを使いこなせるよう,演習を行います。

 栄養摂取の方法として,経口摂取が最も生理的,かつ,基本ですが,経口摂取困難の症例では胃瘻や経鼻胃管などからの経腸栄養を,また腸管が使用できない場合は,静脈栄養を適切に使用することが大切です。その切り替えのタイミングや,関連する合併症などについて解説します。誤嚥性肺炎,下痢,C.difficile関連腸炎,高血糖,低血糖,電解質異常など,日常の業務で遭遇する合併症は,症例の予後を悪化させるほか,QOLも低下させてしまいます。

 超高齢社会を迎えた我が国では,入院患者の多くが高齢者です。高齢者は,動脈硬化,糖尿病,心疾患などの基礎疾患があることが少なくなく,合併症を発症するリスクも高くなります。脳血管障害などによる嚥下障害を合併することもあります。また,認知症の症例では,さまざまな理由で,食事を食べてもらえないことも少なくありません。このような背景から起こりうる問題とその対策も十分に把握しておくことが重要です。

 本セミナーでは,栄養管理の基本から最新の話題まで,今まで栄養のケアが少し苦手だった人にもわかりやすく解説します。笑いをふんだんに取り入れたセミナーですので,楽しく学んでください。また後半では,胃瘻の適応についてもあらためて考えみたいと思います。看護師のみなさんが胃瘻の是非をめぐって,医師と患者・家族の間で板挟みになってしまうようなことのないよう,国内外のさまざまなガイドラインなどもご紹介しながら適切なあり方を追求したいと思います。ご期待ください。


【講師からのメッセ―ジ】
 自分はもともと消化器外科医であったこともあり,医師になったときからずっと栄養管理に携わってきました。消化管の手術をした患者さんは,すぐには食事が食べられないために,中心静脈栄養や経腸栄養などを行わなければならないからです。その後,栄養サポートチーム(NST)が全国に普及するようになり,通常の病院でのNST,リハビリテーション病院でのNST,認知症に対応できるNSTなど,さまざまな形態のNSTに携わってきました。そんななかで思ったことは,栄養を通じて,看護師,管理栄養士,薬剤師,セラピスト,歯科医,歯科衛生士など,多職種のいい仲間がたくさんできたということです。
 しかし,看護師の方のなかには栄養について苦手意識を持っている方もいるようです。栄養はよくわからない…,難しい…,という声を聞くこともあります。実際はそんなことはありません。栄養は人間が生きていく基本です。誰だって,栄養を摂取しないで生きている人はいないのです。そして何より,栄養ケアは楽しいのです。合併症などで栄養が摂取できなかった患者さんが工夫により,栄養が摂取できるようになり,どんどん元気になっていくその様子を見ると,栄養ケアをやっていて良かったと思うことも少なくありません。そんな楽しさを,ぜひみなさんにお伝えしたいと思います。


【本セミナーの目標】
● サルコペニア,カヘキシア,フレイルティといった新たな低栄養の病態について理解し,適切な対応ができるようになる。
● 主観的包括的評価(SGA)や,MNAなどのアセスメントツールを正しく使い分けることができるようになる。
● 適切な栄養摂取ルートの選択法について理解する。
● 栄養ケアに関連する合併症とそれに対する適切な対応を理解する。
● 経腸栄養からの摂食嚥下リハビリテーションの実際の進め方について理解する。
● 認知症による摂食障害とその対応について理解する。
● 高齢者の胃瘻の適応についてあらためて考えてみる。

セミナー詳細

開催日 2018年5月19日(土) 申込み締切日 2018年5月16日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

5/20【東京】検査値のみかた

【概要】
日常の看護業務を行う上で,検査値を適切に解釈することは重要である。患者の電子カルテを開けば,今朝,採血した検査の結果が午前中のうちには表示されている。病室を回って,患者と接した際に感じとった患者の状態の変化を,検査値を見ることで客観的に捉え,早期の対応に結びつけることができる。
 ケーススタディと総論では,症例の血算,生化学,免疫検査などの結果の一覧を提示して,どういう異常値があるか,それはどのような病態を示し,どのような症状と結びついているかを説明する。また,検査値の基準範囲とは何か,生理的変動とはなにかを解説する。各論では,血算,生化学,免疫,尿,細菌など検査の種類ごとの項目について,その異常値がどういう意味を持つかを説明する。
 例として,・消化器疾患の患者が夜間に血圧が低下し貧血を呈している。血算や生化学検査の結果から,貧血になった原因をどのように推測して患者に対応するか,・心臓に異常はないはずの白血病患者の心電図モニターを見たら,心室性期外収縮が頻発している。電子カルテを開いて,どういった項目の検査値を確認すべきか,・患者が急に発熱した。感染症による熱か,他の原因による熱か,どのような検査値を見たら,鑑別に有用か,・高齢女性の手術前検査で,HIVスクリーニング検査が陽性と出た。どう解釈し,患者にはどう対応するか,・ある患者から3日前に採った血液培養で,Staphylococcus epidermidisが検出されたと細菌検査室から病棟に緊急連絡があった。敗血症性ショックにでもなっているのではと心配になり,その患者のところに行ったが,本人は見舞客と談笑している。どう解釈すべきか,など,日常の看護業務と関わりのある検査結果の解釈について説明する。

【本セミナーの目標】
・検査値が意味する内容を理解し,患者さんの症状と結びつけて解釈することができる。
・種々の検査の結果を統合的に解釈することができる。
・適切な検体採取ができる。
・検査値の誤ったメッセージ(偽陽性や変動要因)を見抜くことができる。

セミナー詳細

開催日 2018年5月20日(日) 申込み締切日 2018年5月16日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

5/26【東京】院内感染はどうして起こるの?〜感染症対策のポイント〜

【概要】
 1996年に米国疾病管理予防センター(Centers for Disease Control andPrevention;CDC)が隔離予防策ガイドラインを公開し,そこで標準予防策が紹介されました。そして,標準予防策が日本の医療機関に導入されて以降,日本の感染対策は飛躍的に進化したのです。既に,CDCは数百ものガイドラインを公開しており,それには手指衛生,血液体液曝露対策,インフルエンザ対策,ノロウイルス対策,結核対策など,院内感染対策全域について記載されています。本セミナーではCDCガイドラインに基づいた感染対策について解説していきます。

標準予防策・感染経路別予防策
 標準予防策は感染対策の基本です。本セミナーでは標準予防策・感染経路別予防策の考え方を解説するとともに,手指衛生や環境表面への対策についても解説します。手指衛生についてはWHO(世界保健機関)ガイドラインに記載されている「手指衛生すべき5つのタイミング」も紹介する予定です。

ワクチン
 HBVワクチンやインフルエンザワクチンは医療従事者には必須のワクチンですが,麻疹・風疹・ムンプス・水痘ワクチンも接種すべきです。本セミナーでは,その重要性についてお話しします。また,接種しても抗体を確保できない場合や,接種後の年月の経過によって抗体価が低下したときの対応についても解説します。

血液・体液曝露対策
 病棟業務において針刺し切創が発生することがあります。この場合,曝露源の患者さんがHBV,HCV,HIVに感染していた場合には適切な対応を迅速に実施しなければなりません。そのときの対応について詳細に解説します。

インフルエンザウイルス・ノロウイルス対策
 冬季になると医療施設ではインフルエンザウイルスやノロウイルスが猛威を振るい,入院患者さんや外来患者さんのみならず,医療従事者も感染することがあります。そして,施設内で集団感染が発生すれば甚大な被害をうけることになります。これらの感染症の予防策や発生時の対策についてお話しします。

結核
 肺炎と思っていた入院患者さんが実は結核であった,ということはよく経験することです。その結果,医療従事者や同室者が結核に曝露することがあります。結核の曝露対策や曝露後対策について解説します。

手術部位感染対策
 手術部位感染(SSI)の予防は院内感染では重要な対策です。これまでCDCや様々な学会がSSIガイドラインを公開してきました。各ガイドラインの比較をすることによって,SSIの予防法の理解を深めるようにします。

【本セミナーの目標】
・CDCガイドラインとは何かが理解できる
・標準予防策や感染経路別予防策などの基本的な感染対策が理解できる
・血液体液曝露やインフルエンザ集団発生などがみられた場合には適切な対応をとることができる

セミナー詳細

開催日 2018年5月26日(土) 申込み締切日 2018年5月23日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/16【東京】イチから分かる”周術期麻酔管理”

【概要】
 手術前から始まっている患者さんの周術期管理を,麻酔看護の点から概説する。
 術前に看護師としてどのように患者のリスクを評価し,看護すればよいのか?手術室内では,麻酔の導入から維持,覚醒に至るまで,麻酔科医とはじめとする医療スタッフとどのようにチーム医療に関わっていけばよいのか?そして,いかに患者さんがいかにして安心して周術期を過ごし,速やかな社会復帰を応援していけばよいのか?
 この分野に関して造詣の深い,そしてコメディカルに対してのセミナー実績の多い山蔭道明先生(札幌医科大学医学部麻酔科学講座 教授)にセミナーをお願いした。面白いトークに加え,動画などをふんだんに活用したセミナーは全国でも定評があり,2007年には体温管理の話題で世界一受けたい授業(日テレ系)に出演し,2014年には大学内のベストティーチャー賞を受賞した。
 このセミナー,受講しない手はない。

 興味深い事例や麻酔方法を,講義の合間に動画を使って紹介します。
1) 札幌医大附属病院手術室の様子
2) 吸入麻酔薬ってどうして効くの?
3) 脳死ドナー患者さんの麻酔法は?
4) 患者さんが麻酔から起きて脳外科の手術を受けるってホント?
5) 上手なあるいは下手な麻酔導入法を紹介
6) 吸入麻酔薬だけで導入?
7) レミフェンタニル(アルチバR)麻酔の基本は?
8) 外国の日帰り麻酔ってどんな感じ?

【講師からのメッセージ】
 これから手術を受けて,社会復帰を目指そうとする患者さんは,大変な不安を抱えて手術に臨もうとしています。彼らが受けなければならない外科侵襲から患者さんを守り,早期回復を果たそうと努力しているのが麻酔科医です。しかし,現在の医療は高度化・複雑化しており,麻酔科医だけでその目標を達成するのは無理です。そのため,看護師を含めた「周術期管理チーム」なる考え方があり,看護師さんにもそのチームの一員となって安全で安心な急性期医療を提供していかなければなりません。看護師になって手術室に配属された方,あるいは病棟から手術室勤務に異動になった方,さらには手術患者を多く扱う外科病棟や集中治療室で勤務している方,そんな看護師さんを対象に分かりやすくて楽しいセミナーを企画しました。周術期看護に必要なポイントを分かりやすく解説しますので,セミナー終了後にはワンステップならず数段階向上したと感じてもらえるのではないでしょうか?多くの参加をお待ちしております。

セミナー詳細

開催日 2018年6月16日(土) 申込み締切日 2018年6月13日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/24【東京】みんなで考えよう!実践につながる急変時の対応

【概要】
私たち看護師は,どのような職場であっても,急変という場面に遭遇する可能性があります。
 急変という場面を常に考えて行動するのはなかなか難しいと思います。でも,急変しそうだな,と予測できたらどうでしょうか。まったく予想していない状態よりは素早く対応できるのではないでしょうか?
 さらに,急変時の対応もわかっていれば,もっと自信が持てるはずです。このセミナーでは,ただ聴くだけではなく,少し頭を使って,自施設の環境を思い出しながら対応を考えてもらい,自分のモノにしていただきたいと思っています。そして,少し勉強もして,急変対応に自信をつけましょう!
とにかく初歩から!休憩時間など自由に練習人形に触れます!
みんなで考えるけど絶対当てませんから安心して下さい!(手だけは挙げてね!)

【本セミナーの目標】
・さまざまな病態による急変場面を想定できるようになる
・スムーズな急変対応ができるようになる
・G-2015について理解する

セミナー詳細

開催日 2018年6月24日(日) 申込み締切日 2018年6月20日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

6/24【東京】ナースのための誤嚥性肺炎のリスク判定の方法〜東京会場〜

ねらい
◆誤嚥性肺疾患を正しく理解する
◆iEALDを利用し、実践で活かせる評価法を身につける。
◆実際の長期の症例データや画像から状態を確認し、シミュレーションしながら、看護へ活用できるようにする。

講義概要
本セミナーでは、簡便な評価とリスクへの対応を身につけ、誤嚥性肺疾患が慢性気道炎症であり全身疾患であることを理解することにより、その予後リスクの推定を目指します。

また、実際の肺炎から亡くなるまでの経過の症例データやVF・VE画像を用いて、iEALDを活用しながら、どのような全身状態の方がどのような状況かを確認・実症例にてシミュレーションすることで、臨床へとつなげていきます。


【本セミナーについて】
※本講義は4〜6名のグループワークにて進行致します。

セミナー詳細

開催日 2018年6月24日(日) 申込み締切日 2018年6月17日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/8【愛知】障がい児とその家族に関わる専門職としての支援・助言の考え方〜他機関(教育・福祉・リハビリテーション)との協働の視点を含めて〜名古屋会場〜

■ねらい
医療・福祉を必要とする子どもたちと関わる医療・療育・行政のスタッフが、子ども達の発達を保障する環境作りをするために協働する為のヒントを得る。


■講義概要
医療・福祉を必要とする子ども達の発達を支えるスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)は、お子さんを取り巻く環境が能力発揮に大きく影響することを実感していると思う。

子どもの発達は、リハビリテーションの介入をしている時だけで起きているのではなく、むしろ日々の生活の中で様々な経験をして、その一つ一つが発達の糧となっている。
セラピストだけが発達を促すのではなく、子ども達が能力を発揮できる環境が発達を支えていく事になる。
環境を整えるために、多職種協働が必須であり、ご家族と共にお子さんの発達を保障していくチームになる必要がある。

この講義では、小児領域で活躍するスタッフ(医療・福祉・教育・保育・行政など)が、良環境を作る為に他職種を知る事、多職種での関わりを学ぶ事や家族との関わりについて、セラピストと相談支援専門員の立場からお話しすることとケースを通して皆で考える場としたい。

子ども・家族は一人ひとり違う為、正解があるものではないが、学術的な事柄やケースを通して考え方を共有し、ご家族・関係機関との良好な関係・環境構築の第一歩として頂きたい。

セミナー詳細

開催日 2018年7月8日(日) 申込み締切日 2018年7月1日(日)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/16【愛知】ノ―リフトケア(R)入門〜名古屋会場〜

ねらい
・どのようなケアがいけないのか、ノーリフトケア(R)とはどのようなものなのかを知る
・チーム多職種で進めるためのそれぞれの役割や導入方法を知る

講義概要
介護される側・する側双方において安全で安心な、抱え上げない・持ち上げないケアをノーリフトケア(R)と呼びます。
安全で安心なケアを提供するには、身体の間違った使い方を無くし、患者さんの状態に合わせて動きのサポート方法を考え、必要に応じて福祉用具を有効に活用し取り組むことが必要です。

ノーリフトケア(R)は、福祉用具を使うことが目的ではなく、双方の健康的な生活を保障できるケアを実践することが目的であり、実践のためには、チーム多職種で進める必要があります。
看護や介護は、ノーリフトケア(R)の必要性を知り実践ができること、そしてセラピストは身体機能面と予後予測のアセスメントを元に、どのようなケアをするべきなのかをプラニングする役割を担う必要があります。

介護者を腰痛から守り、対象者の自立を促し二次障害を予防するノーリフトケア(R)を伝えたいと思います.

セミナー詳細

開催日 2018年7月16日(月) 申込み締切日 2018年7月8日(日)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/22【愛知】【からだ編】実践!緩和ケア‐診断時からエンド・オブ・ライフにいたるまで‐〜がん患者さんの身体症状に着目した緩和ケアを考える〜名古屋会場〜

ねらい
がん患者の闘病プロセスに焦点をあてながら、診断時からエンド・オブ・ライフにいたるまでの緩和ケアについて学んでいきます。
緩和ケアの基本的な考えを押さえながら、患者さんの辛い身体症状に対し、看護師として何ができるのかを考える機会にしていきます。

講義概要
緩和ケアは、患者と家族の心身のつらさを和らげ、その人らしさを維持しながら快適に生活ができるよう支えていくことを大切にしています。
近年、この考えはがん医療だけでなく、慢性疾患をはじめとした様々な疾患に適応されなければならないと言われています。
このセミナーではがん患者の闘病プロセスに焦点をあて、事例紹介を行いながら、緩和ケアに基づいた看護とは何かを考えていきます。
特に、エンド・オブ・ライフ期においてQOLに大きく影響を及ぼす身体症状に対し、看護師として対応できることを考え、現場で活かせるようにしていきます。

セミナー詳細

開催日 2018年7月22日(日) 申込み締切日 2018年7月16日(月)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

9/9【愛知】【こころ編】実践!緩和ケア‐診断時からエンド・オブ・ライフにいたるまで‐〜がん患者さんと家族への情緒的支援や意思決定支援における看護師の役割とは〜名古屋会場〜

ねらい
がん患者の闘病プロセスに焦点をあてながら、診断時からエンド・オブ・ライフにいたるまでの緩和ケアについて学んでいきます。
緩和ケアの基本的な考えを押さえながら、患者さんや家族の揺れ動く気持ちやそのつらさに対し、看護師として何ができるのかを考える機会にしていきます。

講義概要
緩和ケアは、患者と家族の心身のつらさを和らげ、その人らしさを維持しながら快適に生活ができるよう支えていくことを大切にしています。
近年、この考えはがん医療だけでなく、慢性疾患をはじめとした様々な疾患に適応されなければならないと言われています。
このセミナーではがん患者の闘病プロセスに焦点をあて、事例紹介を行いながら、緩和ケアに基づいた看護とは何かを考えていきます。
特に、意思決定支援における看護師の役割、患者や家族の気持ちのつらさに対する看護ケアを考え、患者や家族への情緒的な支援の提供につながるようすすめていきます。
また、エンド・オブ・ライフ期における家族ケアを考え、臨床で活かせるようにしていきます。

セミナー詳細

開催日 2018年9月9日(日) 申込み締切日 2018年9月2日(日)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

9/23【愛知】まずはここから!ナースのための脳画像を読むための基礎知識〜脳画像を看護に活かすための基本的なポイントを学ぶ〜名古屋会場〜

■ねらい
・脳画像からどのような情報が得られるのかを知り脳画像を読み解くために必要な基礎知識を身につけること
・脳画像から得た情報をどのように看護に活かすかをイメージできるようになること

 ***

脳卒中センターや脳神経外科病棟で働く看護師、中でも若手看護師(クリニカルラダー・)の方が対象です。


■講義概要
脳画像は脳疾患の患者さんがどのような状況に陥っているのかを理解するための有用な情報源です。
脳疾患患者さんの生命の危機的状況を予測するために、また様々な脳機能障害に苦悩している患者さんを理解するために、脳画像をよめるようになることは大変心強いことです。

そこでこのセミナーでは、脳画像を読むために必要な基礎的知識を身につけられるよう、脳の解剖生理を復習しながら実際の脳画像を一緒に読みとき、その情報を日々の看護現場でどのように活用するのかをイメージできるよう詳しく説明したいと思います。
難しく思える脳画像ですが、脳の解剖をよく知り基本的なポイントをおさえることできっと読めるようになります。

脳画像は医師が診断するために活用するだけではなく、看護師もそれを読み解き医師と情報を共有して、脳疾患の患者さんにとって心強い理解者として働くために活用してほしいと考えています。

セミナー詳細

開催日 2018年9月23日(日) 申込み締切日 2018年9月17日(月)
開催エリア 愛知県 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む