7/1【東京・無料セミナー】1週間から8週間で行ける短期留学セミナー

看護師さん注目!1週間の留学でも、ビジネス英語を選択したり、おけいこやファームステイを体験したりと、できることは多種多様。短期留学を有意義に過ごすためのノウハウをお教えします。

セミナー詳細

開催日 2017年7月1日(土) 申込み締切日 2017年6月27日(火)
開催エリア 東京都 料金 0円
運営会社 (株)留学ジャーナル カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/1【東京・無料セミナー】ゼロからはじめる【留学】プランニングセミナー

語学学校、留学費用、期間による効果の違いなど、語学留学に関するすべてをお話します。
さらに、語学習得後のさまざまな留学スタイルについても解説。
留学全般の概要がつかめます。

【看護師の私も留学できる?】

1~2週間の短期留学を経験し、
帰国後も以前のご勤務先で、お仕事を続けられている方は大勢いらっしゃいます。

また、数ヶ月単位のお仕事を繰り返しながら、
そのあいだに、3ヶ月、6ヶ月などの短期留学を挟む社会人の方も大勢いらっしゃいます。

「留学ジャーナル」では45年以上にわたり、約20万人の海外留学をサポートしてきた実績をもとに、

・期間に応じた留学先のこと
・ご年齢に応じた留学先のこと
・現在の語学習得状況に応じた留学先のこと

などを踏まえたうえで無料セミナーを開催し、みなさまの留学のお手伝いをしています。

【参加者の声】

■本当にゼロから留学のことがわかり、ためになりました。(男性)
■細かな説明があり、安心しました。(女性)

セミナー詳細

開催日 2017年7月1日(土) 申込み締切日 2017年6月27日(火)
開催エリア 東京都 料金 0円
運営会社 (株)留学ジャーナル カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/1【東京】リンパ浮腫予防指導の基本的知識と看護実践‐患者とともにリンパ浮腫を見逃さない‐

看護師が行うフットケアで大切なことは,「足の生活習慣病から足を守る」ということです。そのケアの基盤は,母親が子供を育てていく過程で教える日々の生活に必要な事柄にあるといえます。子供のときに親から教わった爪切りや靴選びの方法が知らないうちに習慣化し,その後に糖尿病やPADなどの疾患へ罹患した際,その習慣が重篤な合併症を引き起こす一因となることがあります。爪を切る,足をみる,という最もベーシックな部分からさらに視野を広げて,「足から全身,そして心をみる」という認識を持ち,足とじっくり向き合い,究極の予防的ケアを考える場となればと思っています。

セミナー詳細

開催日 2017年7月1日(土) 申込み締切日 2017年6月28日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/5【東京】ナースのための よくわかる! 検査データの読み方

〜R-CPC 病態を読み解くポイント〜

「R-CPC(Reversed CPC)」とは、データから患者の病態を推測するものです。したがって検査データの解釈が正しくできるかどうか、個々のデータ解釈だけでなく一人の患者さん全体のデータを総合的に見ることができるのか、が問われます。データが十分になく正しい判断にたどり着けないことや、そのデータの動きの原因がはっきりわからないこともしばしばです。その場合は判断する上でどういう検査を追加すべきか、その検査結果がどうあればどのような病態、診断となるのか、ということを考えていきます。臨床検査の面白さをぜひ一緒に学びましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年7月5日(水) 申込み締切日 2017年6月27日(火)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/9【東京】1日でマスターする!エキスパートナース養成講座 脳神経外科

<このセミナーの到達目標>
●脳神経症状から病態を考察できる!
●各種疾患の症状、診断、検査、治療、看護が理解できる!
<受講対象者>
脳神経外科看護に関わるナース

セミナー詳細

開催日 2017年7月9日(日) 申込み締切日 2017年7月2日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 脳神経ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/9【東京】まずはここから!ナースのための高齢者看護〜なぜ人は転ぶのか〜東京会場〜

【ねらい】
人は、なぜ転ぶのか?高齢者だからと決めつけて諦めていませんか。
転倒や転落には、外的要因と内的要因があるとされています。
まずは高齢者の生活を理解し、高齢者の方々が快適な療養生活を送れるような看護を考えてみませんか。
【講義概要】
超高齢化社会を迎え、少ない看護師で多くの患者さんを支える時代がやってきたといわれています。そしてその状況は2025年、2030年まで広がっていくだろうと言われています。

高齢者看護では、特に看護師に、治す医療から支える医療・看護が求められ、高い倫理観とともに、看護技術、鋭い洞察力に基づく先見性、調整力、コミュニケーション力、指導力が必要とされています。

そして、いつか私自身も年齢を重ねて高齢者になっていくでしょう。
加齢による変化を理解しつつ、いつまでの快適な生活を過ごせるよう、ここで、もう一度高齢者の看護を一緒に考えてみませんか。

きっとなにか糸口が見えてくると思いますよ。

セミナー詳細

開催日 2017年7月9日(日) 申込み締切日 2017年7月2日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/10【東京】事例で学ぶ! がん化学療法看護

〜明日からのケアに役立つ基礎知識〜
がん化学療法を受ける患者は、治療によって起こる様々な副作用症状に対処しながら社会生活を送っており、私たち看護師には、化学療法を継続しながらもその人らしく充実した生活を送るための支援が求められています。本セミナーでは、がん化学療法の基本をおさえたうえで、看護師が果たすべき役割や有害事象ケアについて、事例を紹介しながら知識を深めます。自信をもってがん化学療法看護ができるナースを目指して、是非一緒に勉強しましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年7月10日(月) 申込み締切日 2017年7月2日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/15【東京】急変・緊急時に強くなる!未然に防ぐための予測と観察と対応法

<このセミナーの到達目標>
1.ショックへの初期対応ができる!
2.病態別4つのショックを理解する!
3.医師への報告のコツをマスターする!
4.急変対応の後、何をすべきか判る!
<受講対象者>
病棟、外来に勤務するナース

セミナー詳細

開催日 2017年7月15日(土) 申込み締切日 2017年7月9日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/15【東京】急性期患者の不眠とせん妄

〜不眠・せん妄を防ぐ!治す! 看護のポイント〜

急性期病棟、救急病棟、ICUで働くナースの皆さんは、病棟やICUで夜間不穏になる患者さんの対応に困ることはありませんか。そんな時「この患者さんはせん妄だから仕方ない」とあきらめ、医師の指示通りに薬剤を投与するだけで済ませていないでしょうか。実は、せん妄は患者さんの長期の生命予後にまで影響をおよぼす重大な病気で、不眠に関係があると言われているのです。このセミナーを受講していただければ、せん妄に対する苦手意識がなくなり、明日から主体的に取り組むことができるようになると信じています。

セミナー詳細

開催日 2017年7月15日(土) 申込み締切日 2017年7月9日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/15【東京】よりよい人間関係とコミュニケーションスキル

「お義母さんにもらった洋服が趣味じゃない。着なくちゃいけないのかな……」
「扱いの難しい同僚に仕事上の注意をしなくてはならない。どう切り出そうか……」
「催し物のたびに騒音の苦情を言ってくる近所の人。どう対応したものか……」

あなたもこのような状況で困ってしまったことがありませんか?
私たちは「コミュニケーション」というものを、何となく、行き当たりばったりで身につけてきました。
ですが、「何となく、行き当たりばったり」では対処することが難しい状況があるのも事実です。
あらゆる能力と同じように、「効果的なコミュニケーション」というものにも方法があり、身につけるには練習が必要です。

どうすれば相手の善意を大切にして断れるか。
どうすれば自分の気持ちや要望を正しく伝えられるか。
どうすれば相手の怒りを受け止めてよりよい方向に持っていけるか。

そこでとても役に立つのがこの「BCBコミュニケーションスキル」。
相手を変えようとせず自分も我慢せず、お互いを大切にして、気持ちを率直に伝え合えるような関係=
よりよい人間関係を築くために作られたコミュニケーションスキルです。
(BCB:Breaking The Communication Barrier=コミュニケーションのバリアを壊す)

この文章をお読みのあなたは、

「苦手なあの人とうまくやっていきたい」
「少なくとも今よりはよい関係に変化させたい」

そして
「よい関係を築いている人とはもっとうまくやっていきたい」

とお考えのことと思います。
このベーシックコースはBCBの全体像を網羅している本格的トレーニングです。
人の行動の背後にある考え方や意味を理解し、人を変えるのではなく人との関係性を変える。
すぐに役立つアイデア/テクニックがいっぱい詰まった「BCBプログラム」を是非ご体験ください。

セミナー詳細

開催日 2017年7月15日(土) 申込み締切日 2017年7月13日(木)
開催エリア 東京都 料金 47520円
運営会社 株式会社チーム医療 カテゴリ メンタルケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/16【東京】実践!口腔ケアの基礎から臨床応用まで〜難症例の「食べる」を支える方法〜東京会場〜

【ねらい】
・口腔ケアの理論を学び、実践を身につける
・実技演習を行い「明日から使える」技術を身につける
・上記により、対象者および支援者の口腔および全身の健康増進に寄与する

【講義概要】
口腔ケアとは口腔の健康増進により全身の健康増進を図る専門的な知識や技術を要するアプローチです。これまでは口腔だけの清拭という考えでしたが、1999年の米山が口腔と肺炎の関連報告以降、この口腔ケアという考えが全国に拡がりました。

最近では口腔ケアが、がんや脳血管障害の予防効果、糖尿病の改善効果、インフルエンザなどの予防効果、胎児への悪影響を予防、周術期介入による改善効果などの研究報告がなされ、口腔ケアが疾病の予防や軽減、また看取り期における心理的な支えなども期待される状況にあります。

「生きること」とは、息をすること。食べること。そして出来るだけ家族や仲間との時間を共有し、最期までコミュニケーションを取ること。

スタッフは、対象者や家族の最期の舞台をお膳立てする黒子役です。対象者が生きるための食やコミュニケーションを支え、同時にあとを生きる家族にとっての死生観の学びのタネを植えることに。 

これらはどれも口から始まり口に終わる支援です。

しかしなかには、加齢により、障害により、これらの機能が低下や障害される方がいらっしゃいます。かれらは生きることに加え、自分らしくあることが難しくなっています。それは家族にも深い影を落とします。

このたびは「明日から使える」を目標に、口腔ケアの基本的な知識から応用まで解説し、実技により、口腔ケアの実際を身体で覚えていただきたく存じます。

このことにより、生きること脅かされている対象者に、できるだけ人生の最期まで口から食べる支援を成功させるための実例もご紹介したいと存じます。

このほか、口腔衛生の意識が乏しい施設は異臭が漂います。対象者のみならずスタッフの口の不衛生は、匂いで判断できるのです。対象者の口腔ケアをする前に、まずは支援者の口腔衛生の意識を高めることが欠かせません。研究などで口腔ケアの効果が明らかにされている時代、みなさまも良い施設づくりの一翼として、口腔ケアを拡げましょう。

実技は、まず受講者自身の口腔環境を整え、口を開けない、口腔乾燥が激しいなどの対応などを解説します。

命の最期までできるだけ口が元気でいられる、また少しでも気持ちよい口で旅立っていく。そしてそれを御家族やスタッフが誇りに思う、そんなお互いに笑顔がおとずれる、使える口腔ケアを身につけましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年7月16日(日) 申込み締切日 2017年7月9日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/16【東京】3つのポイントから考える!透析ケア<合併症を未然に防ぐ!個々の患者に適したケアを考える!>

●このセミナーの到達目標●
・透析ケアの合併症管理に強くなる!
・患者に見合った療法の選択がわかる!
・透析患者の全身管理に強くなる!

※受講対象者※
透析ケアに携わる全てのナース

セミナー詳細

開催日 2017年7月16日(日) 申込み締切日 2017年7月9日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/17【東京】みとり期にかけての摂食嚥下リハビリテーション〜最期まで食べるケア お食い締め〜東京会場〜

【ねらい】
本講演では支援の本質と、最期まで食べる支援はどうあるべきかについて解説し、看取り期の支援のあるべき姿について検討します。「食べることに偏重するのではなく、死生観を下地にした支援を認識いただければ」との思いで構成しました。

【講義概要】
生物の最期は食べられなくなるのが自然な姿。ヒトも同様で、食べられる方がいる一方で、食べられない方や食べない方が良い方が存在します。
看取り期の支援は、「食べること」は一つの手段であり、その本質は「大切な人同士が死に別れるストレスの中で、後を生きる者が後で悔やまぬようけじめをつける」もの。

本講演では、看取り期の支援で対象者と家族、スタッフが一体となって、死をどう迎えるかについて、これまで私が経験した事例を通して解説します。
とくに私が実践している「お食い締め」支援は人生の最期に何かを食べようというもの。お食い初めが人生最初の食事であればお食い締めがあってもいいのではと思い命名しました。
私はこのお食い締め支援を、対象者の自己超越感を促し、家族やスタッフの死生観を養う、ライフサイクルの舞台のひとつと位置付けております。講演でご紹介する事例たちは、われわれに高齢者が生きる意味、死んでいく意味を示唆してくれるでしょう。

【本セミナーについて】
『 最期まで食べるケア〜お食い締めの観点から〜 』より
タイトルを変更致しました。

セミナー詳細

開催日 2017年7月17日(月) 申込み締切日 2017年7月9日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ ターミナルケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/22【東京】Q&A方式で学ぶ 呼吸管理と人工呼吸 臨床現場で遭遇する疑問をスッキリ解決

<セミナーで学べる3つの要点>
1.呼吸管理を基礎からやさしく学べる!
2.フィジカルアセスメントとX線読影の基本が学べる!
3.人工呼吸の仕組みとモニター等の原理が理解できる!

セミナー詳細

開催日 2017年7月22日(土) 申込み締切日 2017年7月13日(木)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 呼吸器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/23【東京】イチから分かる“周術期麻酔管理”

イチから分かる“周術期麻酔管理”
【講義概要】
 手術前から始まっている患者さんの周術期管理を,麻酔看護の点から概説する。
 術前に看護師としてどのように患者のリスクを評価し,看護すればよいのか?手術室内では,麻酔の導入から維持,覚醒に至るまで,麻酔科医とはじめとする医療スタッフとどのようにチーム医療に関わっていけばよいのか?そして,いかに患者さんがいかにして安心して周術期を過ごし,速やかな社会復帰を応援していけばよいのか?
 この分野に関して造詣の深い,そしてコメディカルに対してのセミナー実績の多い山蔭道明先生(札幌医科大学医学部麻酔科学講座 教授)にセミナーをお願いした。面白いトークに加え,動画などをふんだんに活用したセミナーは全国でも定評があり,2007年には体温管理の話題で世界一受けたい授業(日テレ系)に出演し,2014年には大学内のベストティーチャー賞を受賞した。
 このセミナー,受講しない手はない。

【プログラム】
09:30-11:00
術前のポイント・麻酔法・麻酔薬
1) 術前評価のポイントは?
2) 麻酔法の種類と選択方法は?
3) 麻酔薬はどんなものがあって,どうやって使い分けてるの?
麻酔科の先生はどこを診て麻酔のリスクを評価しているのだろう?われわれ看護師はそのためにどのような点に記録しておけばよいのか知りたい。麻酔の方法がいくつかあるのは知っているが,どのようにして麻酔法を選択しているだろう?患者さんの意向もあるのだろうか?麻酔法もだいぶ進歩してきたと聞いている。わかりやすく解説してほしいし,どういう点について注意して麻酔薬を用意し,介助すればいいのか具体的に知りたい!
11:20-12:20
周術期におけるモニター・気道管理
1) 周術期におけるモニターってどんなものがあって,看護師は何を見ればいいの?
2) モニター観察の落とし穴にはどんなものがあるの?
3) モニターの観察のポイントは?
4) 気管挿管以外の気道確保にはどんなものがあるの?その介助方法は?
手術中のモニター観察は苦手だな。われわれ看護師が知っておくべきモニターを分かりやすく教えてほしいし,何をポイントに観察すれば患者さんのためになるか知りたい。今までは気管挿管ばっかりだったけど,何やら今は違うみたい。その気道確保器具の使い分けはどうやって決めていて,看護師はどのような介助をすればいいのか知りたい!
13:20-14:30
体温管理
1) 体温管理ってどうして大事なの?
2) 体温のモニター方法にはどんなものがあるの?
3) 体温管理にはどのような方法があるの?
体温管理は看護師が最も携わる周術期看護の一つですね。それは分かっているんだけど,どうしてそんなに大事なのか教えて!また,日本では直腸温ばっかり測っているけど,私が手術を受けるんだったらそんなの嫌だな。体温の測定法にはどんなものがあって,それぞれどんな特徴や落とし穴があって,どんな使い分けを知ればいいか,教えてほしい!
14:40-15:40
輸液・輸血
1) 輸液剤の選択のポイントは?投与速度は?
2) 輸血のタイミングはどのようにして決めているの?その看護は?
3) 危機的出血の場合,看護師はどのように動けばいいの?
輸液ってさっぱり分からない,優しくそして分かりやすく教えて。投与速度って麻酔科医によって違うけど,誰が正しいのかも教えてほしい。輸血って,やらなければしないことに越したことないけど,麻酔科の先生ってどのタイミングで輸血を決断するのか知りたい。そして,これも出くわしたくないけど,予期しない大量出血や産科的危機的出血はとっても慌てちゃう。落ち着いて対応できるように分かりやすく教えて!
15:50-16:30
麻酔に関連するトラブルシューティング
演者が経験してきたヒヤリ・ハットを一挙にご紹介!
先生が30年近く実践してきた臨床麻酔に置いて,実際に経験したヒヤリ・ハットやインシデントを知りたい。そこから学ぶことも多いはず。興味深い事例や麻酔方法も動画あると分かりやすい!

付録
 興味深い事例や麻酔方法を,講義の合間に動画を使って紹介します。
1) 札幌医大附属病院手術室の様子
2) 吸入麻酔薬ってどうして効くの?
3) 脳死ドナー患者さんの麻酔法は?
4) 患者さんが麻酔から起きて脳外科の手術を受けるってホント?
5) 上手なあるいは下手な麻酔導入法を紹介
6) 吸入麻酔薬だけで導入?
7) レミフェンタニル(アルチバR)麻酔の基本は?
8) 外国の日帰り麻酔ってどんな感じ?

講師からひと言
 これから手術を受けて,社会復帰を目指そうとする患者さんは,大変な不安を抱えて手術に臨もうとしています。彼らが受けなければならない外科侵襲から患者さんを守り,早期回復を果たそうと努力しているのが麻酔科医です。しかし,現在の医療は高度化・複雑化しており,麻酔科医だけでその目標を達成するのは無理です。そのため,看護師を含めた「周術期管理チーム」なる考え方があり,看護師さんにもそのチームの一員となって安全で安心な急性期医療を提供していかなければなりません。看護師になって手術室に配属された方,あるいは病棟から手術室勤務に異動になった方,さらには手術患者を多く扱う外科病棟や集中治療室で勤務している方,そんな看護師さんを対象に分かりやすくて楽しいセミナーを企画しました。周術期看護に必要なポイントを分かりやすく解説しますので,セミナー終了後にはワンステップならず数段階向上したと感じてもらえるのではないでしょうか?多くの参加をお待ちしております。

略歴
山蔭 道明(やまかげ みちあき)
札幌医科大学医学部麻酔科学講座 教授

1988年,札幌医科大学卒業。1993年,札幌医科大学大学院修了。米国ジョンズホプキンズ大学に留学。その後,札幌医科大学医学部麻酔学講座助手,同講座講師を経て,2009年より同講座教授。2010年より同大緩和医療学講座教授,2012年より同大集中治療部教授を兼務。専門は,呼吸,体温管理,血液凝固。1998年,日本人ではじめてAnesthesiology誌のAssociate Editorに選出される。2002年,日本麻酔科学会山村記念賞を,2013年,北海道医師会賞・北海道知事賞を受賞。2007年,体温の話題で日テレ系「世界一受けたい授業」に出演。2015年度より,日本麻酔科学会,日本臨床麻酔学会,日本心臓血管麻酔学会,そして日本ペインクリニック学会の理事を兼ね,新刊JA Clinical Reportsの編集長となる。


セミナー詳細

開催日 2017年7月23日(日) 申込み締切日 2017年7月19日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 急性期看護

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

7/30【東京】実践!教科書では学べない!心臓カテーテルのすべて

<このセミナーの到達目標>
●心臓カテーテルへの苦手意識を克服する!教科書では学べない現場の知識で実践に強くなる!
●心臓カテーテルでの一連の業務を継時的に理解!次に何をすべきかが判る!
●症例から考えるので明日からの実践に役立つ!急変時にも対応できる!

セミナー詳細

開催日 2017年7月30日(日) 申込み締切日 2017年7月23日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

8/5【東京】急変・異常を見逃さない!ナースの力

〜バイタルサインとフィジカルアセスメント〜
 日頃から行っているバイタルサインをもう一歩踏み込んで考えてみませんか?基本的なことには大切なことがたくさんあります。もう一度、基礎からバイタルサインの異常・変化をとらえてフィジカルアセスメントを行い、看護の意味づけができたらいいと思っています。

セミナー詳細

開催日 2017年8月5日(土) 申込み締切日 2017年7月30日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

8/6【東京】フィジカルアセスメントの一歩先を学ぶ!トータルアセスメント〜押さえておくべき、アセスメントの基本〜

このセミナーの到達目標
●トータル(全身)アセスメントの重要性を理解する!
●呼吸・循環・代謝のアセスメントを理解し、実践できる!
●トータルアセスメントを看護の現場で活用できる!

受講対象
急性期看護師 新人から中堅層

セミナー詳細

開催日 2017年8月6日(日) 申込み締切日 2017年7月30日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

8/11【東京】はじめて現場に出るナースのためのフィジカルアセスメント入門〜東京会場〜

【ねらい】
これまでは学生として、医療機関では先生や指導者さんのような方が傍にいたことでしょう。
しかしこれからは必ずしもいつもいるとは限りません。
ましてやそもそも専門職の少ない現場や時間帯などには、見逃してはいけない出来事に気づきそびれず、さらにそれを適切な対応に結び付けるための判断が重大になってきます。
その責務を果たすためのポイントをまとめていきましょう。
【講義概要】
「見逃してはいけない出来事」とは、素早く適切な対処に結びつけなければ、戻ることのできない生死の境を越えてしまいかねない事態のことであると考えます。
本セミナーではこのような事態について、何をどこまで押さえておかなければならないか、という目的志向の考え方に基づいて、どのように臨床推論を進めていくべきかについて整理しましょう。
その上でコアとなる「バイタルサイン」について徹底的に考えてその実際の方法論について学んでいきましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年8月11日(金) 申込み締切日 2017年8月3日(木)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

8/19【東京】心電図アレルギーを楽しく克服!Dr.フルカワ式30秒で読める!心電図

到達目標
・判読の手順に従って、即座にモニター心電図が読める!
・危険な心電図、特に危険な不整脈を決して見逃さない!
・心電図アレルギーを克服して、「苦手」から「得意」になる!

受講対象者
心電図をすぐ読めるようになりたい全てのナース

セミナー詳細

開催日 2017年8月19日(土) 申込み締切日 2017年8月13日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む