2/3【東京】避けては通れない! 認知症・せん妄の看護

〜在宅復帰を可能にするナースの力〜

 認知症看護は「その人らしく」いるために、その人をじっくり見続けなければならず、「個」を大切にしてこそ認知症看護の意味があります。認知症を病む人の病態と併せて「個」を大切にする認知症看護について探究していきましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年2月3日(金) 申込み締切日 2018年1月28日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/26【東京】伝授!心電図を看るための「4つのポイント」

〜基礎から学ぶ!!超初級心電図セミナー〜

心電図は難しいと思っている方!初歩から勉強したいと思っている方向けに、簡単イラストで明日から“より実践的”に現場で役に立つ心電図の見方をわかりやすく解説いたします。実践トレーニングでは、多くの方が実際に実際の心電図を診れるようになって頂いています。
目標は「あれ!?心電図を診るってこんなに楽しいの!?」と感じていただくこと!セミナーが終わるころには「早くいろんな心電図が診たい!」って思っていただけるはずです。

セミナー詳細

開催日 2017年2月26日(日) 申込み締切日 2018年2月18日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/28【東京】褥瘡治療における創と外用剤のベストマッチング〜早く治せることが常識!?〜

【概要】
 長年,難治性とされてきた褥瘡は治る疾患となってきました。褥瘡は患者の状態から考えても早く治すことが必要とされています。治癒を阻害する要因は何か,それを考え直す機会になります。治らないのは治せるケアをしていない証かもしれません。治せる局所環境や湿潤環境に着目した薬物療法が早期治癒を実現します。そのポイントを学んでいきましょう。

【本セミナーの目標】
・褥瘡の発症と増悪要因を知る
・外用薬の効く局所環境を作る
・外用薬の特性を知る


【講師からのメッセージ】
 褥瘡は治らない。そう思い込んでいませんか? 褥瘡に対する先入観から,治すための視点をなくしていませんか? 今や,褥瘡は治せる疾患になっています。偏見で褥瘡をみていては,何の解決にもなりません。どれだけかかわってもむなしさだけが残りますね。普段の取り組みが褥瘡患者のために適切か,それを見直してみる機会になると思います。本セミナーで,褥瘡に対する難治性というイメージを払拭してみませんか?そこから褥瘡治療への新しい挑戦が始まります!

セミナー詳細

開催日 2017年10月28日(土) 申込み締切日 2017年10月25日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 褥瘡ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/28【東京】フットケアの実践~予防のためのセルフケア支援~下肢切断回避のために「看護師だからできること」

【概要】
 フットケアを,講義,実技演習,事例検討から一度に学ぶことができる,盛りだくさんで密度の濃いセミナー!
 フットケアを必要とするのは,血流障害,神経障害,免疫機能障害などを引き起こす糖尿病や関節リウマチなどの疾患を持つ人や透析を受けている人だけではありません。身体や認知機能の低下を認める人など多岐にわたります。しかし,こちらで全面的に実施するものではなく,当事者にできないといわれるなかからできることを探す,代わりにできる人材を探す,できることを容易にする物品を探す,できることを支援するための制度を探すなど,患者を取り巻くすべてのもののなかに,たくさんのヒントが隠されています。これらを探して活用し,全人的にかかわることで支え続けるケアを提供することが,看護師の役割であると考えます。
 今回のセミナーでは,フットケアの重要性を確認するための講義,実践のための実技演習,そして,患者の課題をあらゆる方向から考える事例検討会を1日かけて実施する予定です。
 参加する方は,1か月間,足の爪を伸ばしてきてください。そして,爪を切れない気持ちを体感し,セミナーに臨んでみましょう。また,爪用ゾンデ,ニッパー型爪切り,爪やすりを使って,参加者同士でフットケアを実施します。する側だけでなく,される側も体験することで,患者の気持ちを理解する一助となります。
 とても盛りだくさんな1日ですが,足にじっくりと向かい合うよい機会になると思います。皆様のご参加を,心よりお待ち申し上げます。

【本セミナーの目標】
・予防的にかかわることの大切さを,疾患や障害などを知ることで理解できる
・医療現場で行う足のアセスメントと爪ケアの基本手技を実施できる
・足から全身,そしてその患者の心の状態を理解し,よりよいケアに結びつけることができる

セミナー詳細

開催日 2017年10月28日(土) 申込み締切日 2017年10月25日(水)
開催エリア 東京都 料金 19000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/28【東京】はじめて学ぶ 麻酔看護の基礎

<このセミナーの到達目標>
●麻酔看護に必要な基礎知識のすべてを、1日で最も効率よく学ぶ!
●教科書では学べない、実践に役立つノウハウを事例をまじえて、ベテランナースから学ぶ!

<受講対象者>
●手術室勤務1〜3年目のナース

セミナー詳細

開催日 2017年10月28日(土) 申込み締切日 2017年10月22日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/29【東京】ギモン解決!褥瘡が治るしくみ、治らない理由 〜教科書では学べない、実践に強くなるための集中講座〜

【概要】
 本セミナーは褥瘡管理に関して実践に強くなることを第一に考えています。臨床現場で日々遭遇する様々な問題・疑問を,教科書を読み返すことなく,その場で評価・考察し答えを導き出すために必要な基本的なものの考え方と応用力を身につけます。
 第1講では褥瘡の創傷治癒を学びます。荷重部に生じるキズの創傷治癒は非荷重部のものとは大きく異なりますが,それは決して理解が難しいものではありません。教科書にはあまり詳しく書かれていない創傷治癒の基本原理を理解することで,逆にキズを見ただけで褥瘡を取り巻く環境に存在する問題がわかるようになります。難しそうな話ですが,これらを文字ではなくイラスト・写真を駆使して誰にでもわかるように解説します。
 第2/3講では慢性創傷治療の基本であるTIMEの実践とドレッシングの使い方に関し学びます。TIMEの実践に際してはまず評価すべき病態,優先すべき治療があり,これを怠ると患者が不利益を被る場合もあります。"T"や"I"に関して,保存的療法を学ぶとともに,外科的デブリードマンを行うべき症例を外科系医師に依頼するためのコツも伝授します。創傷管理における"I"は"M"と密接な関係を持ちます。滲出液がどのように産生され,その量が何によって影響を受けるか,湿潤度の変化がキズとドレッシングにどのような環境をもたらすのか,わかりやすく解説します。議論の多いクリティカルコロナイゼーションに関しては,臨床的評価に関するアイデアとその対処法をイラストでわかりやすく解説します。また,"E"の評価法と問題を解決するためのドレッシングの選択法を学びます。
 第4/5講では高齢化の進行,生活様式の欧米化,寝たきりをつくらないための介護などの影響で増えている,長時間の座位により生じる褥瘡(座りきり褥瘡)に関し,その背景,危険因子,治療,予防的スキンケアを独自のデータで解説します。褥瘡予防ができ,介護も楽になるオムツの使い方も覚えましょう。足の褥瘡はその多くが下肢の血流不全により生じています。今後患者数の著しい増加が見込まれ対応が急務ですが,単純にTIMEを実践してはいけない病態が多々あります。最低限覚えておくべきこと,治療の考え方に関し,明日から実践すべきことを中心に解説します。
 最後の第6講ではドラッカーのマネジメントをベースに褥瘡を取り巻く環境のマネジメントを学びます。褥瘡チームがうまく機能していない,患者が言うことを聞かない,全然治癒が進まないなど,実はこれらはマネジメントの問題であることが少なくありません。治療に携わるスタッフ,患者,家族など全員が楽しく,苦しまずに褥瘡管理を行うために覚えておくべきこと,実践すべきことをマネジメントの観点から学びます。

【本セミナーの目標】
・褥瘡の病態を理解し,キズから状況把握ができるようになる
・ドレッシングの意味を理解し,キズの管理に強くな
る・増加傾向にある特殊な褥瘡に対する理解を深める
・褥瘡対策チームや家族など患者を取り巻く環境のマネジメントができる

セミナー詳細

開催日 2017年10月29日(日) 申込み締切日 2017年10月26日(木)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 褥瘡ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/29【東京】セラピストが持つべきセルフボディトリートメントの知識 〜身体感覚・知覚を正しく理解した上で考えるカラダ磨き〜東京会場〜

【ねらい】
セラピストの身体感覚を磨くために、ボディワークを用いる事で技術の精度を上げる事とともに
セラピスト自身の故障や患者様への身体感覚の伝え方を学ぶ。

【講義概要】
技術を使う上で、セラピスト自身の身体がままなっていない状態では、
同じ技術にも差が出てしまいます。

それは単純なROM1つをとっても変わってきます。

セラピスト側の身体感覚を磨くメリットは、以下の3つになります。

●知覚情報の伝え方の正確さに幅が出来ます。
●技術を使うベースである身体が底上げされる事で、今までの技術の精度が上がります。
●身体が資本であるセラピストが長く快適に、故障なく働く事が出来ます。

講義の中では、ピラティスの考えを主体に
評価・治療・具体的な実践までをお話しします。

セミナー詳細

開催日 2017年10月29日(日) 申込み締切日 2017年10月22日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

10/29【東京】ベテランナースはここが違う!急変対応の実際<患者の発する危険なサインを見逃すな!>

●このセミナーの到達目標●
・入院中の患者の異変や前兆に、いち早く気づくことができる!
・患者の異変に適切なタイミングで治療介入、初期対応ができる!
・臨床推論”力”を身につけることで、急変対応に自信をつける!

※受講対象者※
急変対応に自信をつけたい3年目までのナース、およびベテランナースの復習

セミナー詳細

開催日 2017年10月29日(日) 申込み締切日 2017年10月22日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/3【東京】1日で完全マスターする!心不全管理<心電図・画像の見方から、薬の使い分けまで!>

●セミナーの到達目標●
・心不全管理に必要なABCを重要な順に身につけ、明日からの実践に役立てる!
・長く患者の人生に寄り添う心不全管理の真髄を、的を外さず身につける!

※受講対象者※
心不全患者のケアに関わる新人ナースおよび指導的立場のナース

セミナー詳細

開催日 2017年11月3日(金) 申込み締切日 2017年10月26日(木)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/5【東京】必ず役立つ!がん放射線療法と看護<エキスパートに学ぶ基本知識と患者ケアの実際>

●受講対象者●
がん放射線療法と看護に関わるすべてのナース

●到達目標●
・がん放射線療法の基本と有害事象の知識をマスターする!
・各部位別の放射線療法について、特徴と適応を学ぶ!
・放射線療法の患者ケアとセルフケア支援を学ぶ!

セミナー詳細

開催日 2017年11月5日(日) 申込み締切日 2017年10月29日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/8【東京】急変時!看護の幅を広げる! 【1日で学ぶ!フィジカル所見と画像検査】

〜アセスメントに役立つ画像診断をリンクして解説〜

看護に役立つ画像所見を集めてみました。心雑音と心臓超音波検査、肺雑音と胸部レントゲン写真や胸部CT、黄疸や血便、血尿と超音波や腹部CT、意識障害や脳卒中と頭部CT、MRI。日常の看護でみられるフィジカル所見と画像検査の『リンクの規則』を勉強します。何となく苦手意識のある画像検査も画像のパターンがインプットされるとアセスメント能力が格段に上がり、患者さんのフィジカル所見の裏付けができて自信を的確な看護ができるようになります。

セミナー詳細

開催日 2017年11月8日(水) 申込み締切日 2017年10月31日(火)
開催エリア 東京都 料金 12960円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/11【東京】そこが知りたかった!基礎から応用まで学びを深める心不全

【概要】
 超高齢社会を迎え,心臓病の行く末である心不全は,増加の一途をたどっています。心不全は慢性疾患であり,生活の場で増悪を繰り返しながら,徐々に身体機能や生活の質が低下していきます。心不全は症候群であり,さまざまな原疾患が存在するため治療やケアも多岐にわたります。たとえば,高血圧や心筋梗塞,弁膜症によるものがあり,それぞれに適切な治療を行っていきます。また心臓の機能や心不全の重症度により,治療やケアの目的も変わっていきます。そして,呼吸疾患,慢性腎臓病,認知症,フレイルなど全身の併存症の割合も多くなります。これらを看ていくためには,患者の全体像を把握し,その人らしい生活の質を考えた治療とケアを首尾よく組み立てていく必要があります。このように,心不全はとても奥が深く,非常に幅広い知識を必要とします。一方で,患者さんの人生に寄り添いながら,全体を看ていくことができる心不全は,とてもやりがいを感じる場面が多くあります。
 本セミナーでは,心不全の①病態,②治療,③急性増悪時の対応,④慢性期における看護指導,⑤リハビリテーション,⑥心不全の緩和ケア,⑦意思決定支援の実践,⑧在宅医療,と基礎から応用まで,講義とケースワークを交えながら行っていきます。また,なかなかみんなの前で聞けないことも,各セッションごとに個別の質疑応答の時間を設け,その場で悩みを解決できるようにしていきます。講師には,私以外に,重度の心不全患者さんを多く看ている当院のベテラン看護師や理学療法士も参加します。楽しいながらも,明日から使える実践的なセミナーになればと思います。

【本セミナーの目標】
・心不全の病態から治療までの基礎知識を身につける
・心不全の増悪患者への看護実践に応用できる
・患者家族への意思決定支援を実践できる
・心不全の緩和ケアと在宅医療を知る

【講師からのメッセージ】
 今,心臓血管疾患,心不全は高齢者の死因の第一位となっています。心不全というと,看護師さんからは「苦手,難しい」「検査や治療も幅広い」「すぐ再入院してくる」「エンドレス」などの声を聞きます。心不全は,急性期から慢性期の長期管理が必要です。病期によりその対応はさまざまですが,適切なキュアとケアはQOLの向上,予後の改善につながります。また突然死も念頭に置かなければならず,予後が推定しにくいのも特徴のひとつです。このように,勉強する範囲が広く,そして患者さんの命に直結する病気であるからこそ,医療者としてのやりがいを感じることができる疾患でもあります。じっくりと心不全と向き合い,明日からのキュアとケアを考える場となればと思っています。

セミナー詳細

開催日 2017年11月11日(土) 申込み締切日 2017年11月8日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/12【東京】Dr.大島一太の白熱教室!やさしい心電図の読み方~モニター心電図から12誘導心電図まで解説~

【概要】
1日で虚血性心疾患から不整脈まで,日常臨床で遭遇することの多い心電図をすべて勉強します!

【基礎編】
P波について
 まずは洞調律を判読しましょう。洞調律に似ているけれど,洞調律ではない心電図なども登場します。しっかりと違いを勉強しましょう。P波の形から,左房負荷なのか右房負荷なのか,そして弁膜症や呼吸器疾患の有無などもわかります。P波は小さな波形ですが,洞調律かどうかの判定だけでなく,その背景にある基礎疾患の診断にも役立ちます。その詳しい読み方を伝授します。

QRS波について
 QRS波には,さまざまな波形があり,混乱してしまいますね。そのQRS波形をどう読み解くか-決して見逃せないQRS波形を中心に,心電図だけでなく,心エコー図や心臓カテーテル検査,治療の動画を織り交ぜながら,実臨床に即した流れで勉強しましょう。QRS波の変化から,陳旧性心筋梗塞や心臓肥大などを正確に判読し,マネジメントにつなげるやり方をお教えします。健診や人間ドックで働く方々にも役立ちます。

ST変化について
 ST変化の判読から,急性心筋梗塞や狭心症など,虚血性心疾患について勉強します。虚血性心疾患,とくに急性心筋梗塞は,突然死,場合によっては瞬間死をきたす場合も少なくありません。正しい判読に加え,スピーディーな対応が求められます。心電図変化の判読から,その救急対応まで,しっかりと勉強しましょう。

T波について
 T波の変化は重要です。急性心筋梗塞や心筋症,電解質異常,脳血管障害など,いろいろな病態がわかります。T波の変化を判読できれば,救急医療や集中治療の最前線でも活躍することができます。

期外収縮
 最も遭遇することの多い不整脈です。上室期外収縮と心室期外収縮があります。なかでも心室期外収縮は,正しく判読できると同時に,その重症度も評価できなければいけません。その判読のコツをお教えします。

【不整脈編】
心房細動
 近年著しい増加を認めており,正しい判読とマネジメントができなければ,脳梗塞を発症したり,心不全が増悪したり,意識を失って倒れてしまったりすることがあります。新人,ベテランを問わず,どの診療科目で働く誰もが判読できなければいけません。

心室頻拍・心室細動
 最も危険な不整脈です。瞬間的な心電図の判読が求められ,速やかに対応できなければいけません。正しい心電図の判読に加え,ACLS,AED,電気的除細動といった実臨床に即した流れを勉強します。

洞不全症候群
 洞不全症候群を正しく判読し,治療に活かすやり方をお教えします。治療は主にペースメーカ植込みです。では,どのような患者さんにペースメーカ植込みを行うのでしょうか? その適応を判断するためには,心電図を記録するタイミングが重要です。判読だけでなく,心電図を記録すべきタイミングについても,大切なポイントを伝授します。

房室ブロック
 房室ブロックには,1度,2度,3度があり,2度房室ブロックにはWenckebach型とMobitz II型があります。房室ブロックの心電図を見て,混乱している人をよく見かけます。決して間違えることがないよう,正しく判読できるやり方を勉強しましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年11月12日(日) 申込み締切日 2017年11月9日(木)
開催エリア 東京都 料金 16000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/12【東京】検査値のみかた

【概要】
日常の看護業務を行う上で,検査値を適切に解釈することは重要である。患者の電子カルテを開けば,今朝,採血した検査の結果が午前中のうちには表示されている。病室を回って,患者と接した際に感じとった患者の状態の変化を,検査値を見ることで客観的に捉え,早期の対応に結びつけることができる。
 ケーススタディと総論では,症例の血算,生化学,免疫検査などの結果の一覧を提示して,どういう異常値があるか,それはどのような病態を示し,どのような症状と結びついているかを説明する。また,検査値の基準範囲とは何か,生理的変動とはなにかを解説する。各論では,血算,生化学,免疫,尿,細菌など検査の種類ごとの項目について,その異常値がどういう意味を持つかを説明する。
 例として,・消化器疾患の患者が夜間に血圧が低下し貧血を呈している。血算や生化学検査の結果から,貧血になった原因をどのように推測して患者に対応するか,・心臓に異常はないはずの白血病患者の心電図モニターを見たら,心室性期外収縮が頻発している。電子カルテを開いて,どういった項目の検査値を確認すべきか,・患者が急に発熱した。感染症による熱か,他の原因による熱か,どのような検査値を見たら,鑑別に有用か,・高齢女性の手術前検査で,HIVスクリーニング検査が陽性と出た。どう解釈し,患者にはどう対応するか,・ある患者から3日前に採った血液培養で,Staphylococcus epidermidisが検出されたと細菌検査室から病棟に緊急連絡があった。敗血症性ショックにでもなっているのではと心配になり,その患者のところに行ったが,本人は見舞客と談笑している。どう解釈すべきか,など,日常の看護業務と関わりのある検査結果の解釈について説明する。

【本セミナーの目標】
・検査値が意味する内容を理解し,患者さんの症状と結びつけて解釈することができる。
・種々の検査の結果を統合的に解釈することができる。
・適切な検体採取ができる。
・検査値の誤ったメッセージ(偽陽性や変動要因)を見抜くことができる。

セミナー詳細

開催日 2017年11月12日(日) 申込み締切日 2017年11月9日(木)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/12【東京】心臓血管外科 手術後の看護の押さえどころ<見えない手術侵襲や病態を理解して看護実践に生かす!>

到達目標
・心臓血管外科周術期と手術侵襲の基礎知識を再確認する!
・術式・血行動態を踏まえ、合併症対策を含めた術後管理ができる!
・モニタリングと補助循環の知識を確実にする!

<受講対象者>
心臓血管外科のナースを中心とする循環器ナース

セミナー詳細

開催日 2017年11月12日(日) 申込み締切日 2017年11月5日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/13【東京】1日で学ぶ! 急性期の循環管理

〜循環のモニタリングと適切なアセスメント〜

ときどき見かける微妙な指示、
「尿量低下」→「ラシックス」、「血圧低下」→「ドーパミン」
どこが微妙なのか分かりますか?

セミナー詳細

開催日 2017年11月13日(月) 申込み締切日 2017年11月5日(日)
開催エリア 東京都 料金 12960円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/15【東京】ナースのための インフェクションコントロール

〜最新知識と感染対策のポイント〜

 看護を実践する中で、感染対策は重要な知識であり技術です。しかし昔ながらの方法や慣習で対策が行われ、適切な感染対策が実施されていない、部署によってもばらつきがあるといったことはないでしょうか? 私たち医療従事者はどのような患者さんに対しても適用される感染対策はもちろん、急性期や慢性期など、患者さんの属性により特有な感染対策を理解し実施することが必要です。
 本講座では現場に即して、看護師の大切な役割として可能な限り感染を防ぐためどう実践するか?
 管理する視点から最新の技術と知識を交えて解説していきたいと思います。

セミナー詳細

開催日 2017年11月15日(水) 申込み締切日 2017年11月7日(火)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/18【東京】フィジカルアセスメントを行うためのフィジカルイグザミネーションの基本技術を身に付けようー呼吸器系、心臓・循環系、腹部・消化器系ー

【概要】
 看護師にとって,対象の身体状態を判断するための「フィジカルアセスメント」は欠かせないものです。特に内科系,外科系のどちらにおいても基本となる呼吸器系のフィジカルアセスメントや腹部・消化器系のフィジカルアセスメントは,非常によく行うものだと思います。
 フィジカルアセスメントを行うためには,その根拠となる情報が正確かつ的確なものであることが重要ですが,身体に関しての客観的情報をとる技術が「フィジカルイグザミネーション」技術となります。このなかには視診,触診,打診,聴診という4つの技術が含まれます。すでに看護師の皆さんは臨床で使われているかとは思いますが,たとえば打診の技術を日々活用している方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?打診は慣れれば簡単ですが,打診音が出るためにはある程度の練習と実践が必要です。そして打診ができれば,対象の患者さんに負担をかけることなく,看護師にとって非常に有効な情報を簡単に得ることができます。
 フィジカルアセスメントは,この10年ほどの間に日本の看護基礎教育にも導入されるようになってきたため,看護基礎教育で学ばれた方も多いと思います。ただしフィジカルイグザミネーションは「ツール(道具)」ですので,活用するためには正しい技術を身に付け,熟練することが求められます。
 本セミナーでは,講義だけでなく演習を行い,翌日からの臨床の現場ですぐに使っていただけるようにということを主眼としています。打診はちょっとしたコツがありますので,それができれば打診を活用できるようになります。演習を通して1人1人の受講者の方の技術の確認とアドバイスをしたいと思います。本セミナーを通してフィジカルイグザミネーションの基本の技術と,呼吸器系,循環系,腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの基本についてあらためて復習し,日々の看護に役立てていただければ幸いです。

【本セミナーの目標】
・フィジカルイグザミネーションの基本技術(視診,触診,打診,聴診)について,目的,正しい方法を理解し,実践できる
・呼吸器系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,基本的なフィジカルイグザミネーション技術を習得する
・心臓・循環系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,頸部の血管,末梢循環系のフィジカルイグザミネーション技術を習得する
・腹部・消化器系のフィジカルアセスメントの意義,目的を理解し,基本的なフィジカルイグザミネーション技術を習得する

セミナー詳細

開催日 2017年11月18日(土) 申込み締切日 2017年11月15日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/18【東京】新人さん大歓迎!基礎から学べる!ナースのための虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療の看護

【概要】
 心臓カテーテル室における看護師の役割を理解するため,今回は虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療・看護について学びます。
 まず,基本となる虚血性心疾患の病態についての理解を行います。続いて,それに対するさまざまな治療方法を理解し,選択される心臓カテーテルでの治療方法について,使用物品や検査機器などの基礎的な知識を得ます。そして,看護師にとって,心臓カテーテル検査・治療の理解の妨げになると思われる専門用語についても理解を得ます。また,IABPやPCPSといった補助循環に対する基礎知識も学びます。
 看護師としての役割を遂行するため,本セミナーでは,上述の知識をバックボーンとした,心臓カテーテル室における「看護」についての知識を深めます。とくに実践的となる心臓カテーテル前・中・後における看護は,患者の不安の軽減,安楽,合併症など,ポイントを押さえた講義としています。
 これらの内容を踏まえて,自施設における独自性を踏まえた専門性のある看護師の育成を本セミナーの目的とします。

【本セミナーの目標】
心臓カテーテル室で必要となる専門的知識(虚血性心疾患)を身につけ,チームの一員として看護を提供できるようになる

【講師からのメッセージ】
 全国の循環器ナースの皆さん,毎日,どのような思いで働いていますか? 循環器にかかわるナースにとって,心臓カテーテル室の知識は必須ですよね!
 でも...「なんか,いまいち心臓カテーテルってわからない。専門用語が多くて,大変!」「ときどきしか入らないので,すごく困ってる...」「ウチのやり方って,標準なの? 他施設はどうやってるの?」「急変とか怖いし,PCPSとかIABPってそもそも何?」などと思っていませんか?
 大丈夫,安心してください! もっと理解したい!心臓カテーテル室の看護を教えて!という悩めるナースの皆さん,このセミナーがあります! 新人さんからベテランさんまで,大歓迎! 講師がすべての疑問に答えます!

セミナー詳細

開催日 2017年11月18日(土) 申込み締切日 2017年11月15日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

11/18【東京】新人さん大歓迎!基礎から学べる!ナースのための虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療の看護

【概要】
 心臓カテーテル室における看護師の役割を理解するため,今回は虚血性心疾患に対するカテーテル検査・治療・看護について学びます。
 まず,基本となる虚血性心疾患の病態についての理解を行います。続いて,それに対するさまざまな治療方法を理解し,選択される心臓カテーテルでの治療方法について,使用物品や検査機器などの基礎的な知識を得ます。そして,看護師にとって,心臓カテーテル検査・治療の理解の妨げになると思われる専門用語についても理解を得ます。また,IABPやPCPSといった補助循環に対する基礎知識も学びます。
 看護師としての役割を遂行するため,本セミナーでは,上述の知識をバックボーンとした,心臓カテーテル室における「看護」についての知識を深めます。とくに実践的となる心臓カテーテル前・中・後における看護は,患者の不安の軽減,安楽,合併症など,ポイントを押さえた講義としています。
 これらの内容を踏まえて,自施設における独自性を踏まえた専門性のある看護師の育成を本セミナーの目的とします。

【本セミナーの目標】
心臓カテーテル室で必要となる専門的知識(虚血性心疾患)を身につけ,チームの一員として看護を提供できるようになる

【講師からのメッセージ】
 全国の循環器ナースの皆さん,毎日,どのような思いで働いていますか? 循環器にかかわるナースにとって,心臓カテーテル室の知識は必須ですよね!
 でも...「なんか,いまいち心臓カテーテルってわからない。専門用語が多くて,大変!」「ときどきしか入らないので,すごく困ってる...」「ウチのやり方って,標準なの? 他施設はどうやってるの?」「急変とか怖いし,PCPSとかIABPってそもそも何?」などと思っていませんか?
 大丈夫,安心してください! もっと理解したい!心臓カテーテル室の看護を教えて!という悩めるナースの皆さん,このセミナーがあります! 新人さんからベテランさんまで,大歓迎! 講師がすべての疑問に答えます!

セミナー詳細

開催日 2017年11月18日(土) 申込み締切日 2017年11月15日(水)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む