12/22【東京】事例で学ぶ! がん化学療法看護

〜看護師が果たすべき役割と曝露対策〜

がん化学療法を受ける患者は、治療によって起こる様々な副作用症状に対処しながら社会生活を送っており、私たち看護師には、化学療法を継続しながらもその人らしく充実した生活を送るための支援が求められています。本セミナーでは、がん化学療法の基本をおさえたうえで、看護師が果たすべき役割や有害事象ケアについて、事例を紹介しながら知識を深めます。自信をもってがん化学療法看護ができるナースを目指して、是非一緒に勉強しましょう。

セミナー詳細

開催日 2017年12月22日(金) 申込み締切日 2017年12月14日(木)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/7【東京】“苦しいから逃げない”看護 終末期の苦痛ケアと鎮静

〜訴えの受け止め方とあるべき対応の仕方〜

 呼吸困難や嘔気と嘔吐を中心とした消化器症状への対応は、まだまだ不十分と言わざるを得ませんが、私たち医療提供者は、患者さんの“苦しい”から逃げることなくがん診療の現場に立つために、患者さんの訴えをどのように受け止め、解釈し、そしてどのような手法をもって対応することが可能かということを皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

セミナー詳細

開催日 2018年1月7日(日) 申込み締切日 2017年12月26日(火)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ ターミナルケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/10【東京】せん妄・認知症を防ぐ!治す! 「不安・不穏」に対する看護の力

〜患者さんに寄り添うカームネスケア〜

 急性期病棟や高齢者が多い施設など、入院患者の多くがせん妄発症の高リスク患者である場合、せん妄ケアは重要かつ困難な課題といえます。夜勤の際に受け持ちの患者さんが急に大声を出す、幻覚で暴れる、激しく興奮したり不安に震える・・・などせん妄ケアで困る場面は日常だと思います。
 本セミナーでは不安、不穏のある患者さんにより早く対応し、症状の悪化を予防するケアの仕方を実践を含め解説いたします。
 実際に現場で使える内容をお伝えしたいと思いますので、この機会にぜひご参加ください。

セミナー詳細

開催日 2018年1月10日(水) 申込み締切日 2018年1月3日(水)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/11【東京】ナースのための 医療安全活動とリスクマネージメント

〜未然防止活動から迅速な事後対応まで〜

安全に関するスタッフの感性が高い組織は、未然防止に高い力を発揮します。
「職場環境を整える5S」と「感性を育てるKYT」を学び、職場の土壌づくりに役立てましょう。
また、インシデントが発生した時は、今後に活かす学びを得るチャンスです。
まず何をすべきか?ネガティブにならず前向きに対応していくコツを学びましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年1月11日(木) 申込み締切日 2018年1月3日(水)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/23【東京】看取りの看護とグリーフケア

〜グリーフケアへの理解を深めましょう〜

 人は人生の中で喪失と悲嘆を繰り返しながら生きています。その中でも、大切な人との別れは支えを失う程の喪失体験となり悲嘆となります。私達、看護師は看取りに関わることが多く、患者の喪失体験に自分自身の無力さを痛感し家族の悲嘆を目の当たりにすることで「関りが良かったのか」「もう少し早く関われたなら」と思うことがあるのではないでしょうか。グリーフケアは最期の看取りの場面だけが大切なのではなく、日々の看護、患者・家族との関りがグリーフケアへと繋がり、残された家族が歩む人生の支えとなると考えます。この講座を通して、グリーフケアへの理解が深まり患者・家族への日々の看護の一助となればと考えます。

セミナー詳細

開催日 2018年1月23日(火) 申込み締切日 2018年1月16日(火)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/27【東京】ICUの謎 ーICUの日常業務を徹底して根拠づけします!ー

<このセミナーの到達目標>
●ICUでのさまざまな疑問を解決できる!
●疑問の根拠を徹底理解し、日常のケアに活かす!
<受講対象者>
ICU勤務3年目までのナース

セミナー詳細

開催日 2018年1月27日(土) 申込み締切日 2018年1月21日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

1/28【東京】若手ナースのための重症患者ケアの必須知識

<このセミナーの到達目標>
●重症患者ケアに必須な知識と技術を身につける
●ケアの生体へ与える影響を知る!
●重症患者を総合的にアセスメントできる
<受講対象者>
(ICU勤務、重症患者ケアに携わる)5年目までのナース

セミナー詳細

開催日 2018年1月28日(日) 申込み締切日 2018年1月21日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/3【東京】避けては通れない! 認知症・せん妄の看護

〜在宅復帰を可能にするナースの力〜

 認知症看護は「その人らしく」いるために、その人をじっくり見続けなければならず、「個」を大切にしてこそ認知症看護の意味があります。認知症を病む人の病態と併せて「個」を大切にする認知症看護について探究していきましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年2月3日(土) 申込み締切日 2018年1月28日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/4【東京】10秒でキャッチできる! 急変対応と異常の早期発見

〜見過ごしてはいけない! 急変の兆候!!〜

普段働く中で、いろいろな疑問を持ちながら働いている看護師さんはたくさんおられると思います。たとえば肺炎の患者さんに酸素飽和度だけで酸素の量を調整していませんか。どんなフィジカルアセスメントを使ったらいいのか?とか、心不全でもたんの量が増えると思うけど、肺炎との違いをどう見たらいいの?など。急変の兆候があるって聞いたけど。いつも見ている患者さんはいつもと変わらず会話もできて、何も訴えもなかったのに夕方になって突然意識がなくなったんです。という話はよく聞きます。血圧は保たれていてもショックとなっている患者さんはいっぱいいます。それを見逃していたら大変なことになります。それらをわかりやすく考えてみましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年2月4日(日) 申込み締切日 2018年1月28日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/11【東京】【急性期編】山内先生と事例で学ぶカンファレンス〜急変!から急性期の場面のアセスメントをどう進めるか〜東京会場〜

【ねらい】
常に急変の可能性と向き合っている医療機関の方々はもちろんのこと、
療養病床や医療介護施設、あるいは訪問看護に携わっている方々も、
この急変に気づき適切な対処に結びつけることのできる能力は不可欠なものです。

この能力は臨床経験の多寡に関わらず、全ての看護職に一定水準の実力が必要です。


【講義概要】
「命を護る」ということは全ての医療職の責務です。
常に急変の可能性と向き合っている急性期中心の医療機関のみならず、療養病床や医療介護施設、
あるいは訪問看護においても、医療職が関わる限りこの責務からは逃れられません。

急変が起こりやすい急性期医療機関では、そのために多くの目や手が準備してあります。
しかし一番患者さんのそばにいるは間違いなく看護職です。
ですから看護職が真っ先に患者さんの異変に気がついてケアに結びつけなければなりません。

療養病床や医療介護施設、あるいは訪問看護では、
急性期医療機関よりも急変場面に出会う確率は低いことでしょう。
しかしそこには医療者としては看護職しかいないことも多々あります。

急変対応をたった独りで全て行えというものではありませんが、
患者さんの一番身近にある看護職が、まずそこで何が起こっているのかを気がついてアセスメントでき、
適切に繋がなければならないことは自明の理です。

本セミナーでは気がついて、臨床推論(アセスメント)し、ケアにつなげる、という一連のケア行動について、
事例をもとに学習を進めていきましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年2月11日(日) 申込み締切日 2018年2月4日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/12【東京】薬剤の使い分けから事例検証まで 【がん性疼痛のコントロール】

〜適切なアセスメント能力の向上のために〜

 がん性疼痛は、がんの患者さまが抱える深刻な症状の一つであり、身体の疼痛が持続すれば、不眠・不安・抑うつ・せん妄が生ずる悪循環を引き起こし、人としての存在や尊厳までもが否定される究極の苦痛をもたらします。さらに、患者さまだけでなく、家族や医療スタッフにも苦痛や疲労感を与えます。そのため、がん病変に対する治療だけでなく、身体の疼痛に対する治療が積極的に行われることが求められています。患者さんとその家族が痛みから解放されるために、がん性疼痛管理の中心的役割を担う看護師の皆さんの一助となるよう懸命に講義いたします。

セミナー詳細

開催日 2018年2月12日(月) 申込み締切日 2018年2月4日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/17【東京】手術室看護師と病棟看護師のための 【周術期看護の基礎】

〜事例に学び!最良・最善の手術看護を目指す!〜

安全な「手術」「看護」を提供するには、患者さん個別の情報からアセスメントの上、計画・準備することが必要不可欠です。また、手術中に看護師としてどのように「モニタリング」し、「看護」していけば良いのでしょうか?気を付けなければならないこと、患者さんのためにできることについて一緒に考えてみませんか?手術室Ns.だけでなく、術前・術後の看護で病棟Ns.の皆様にも、役立つわかりやすい内容を目指します。

セミナー詳細

開催日 2018年2月17日(土) 申込み締切日 2018年2月8日(木)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

【開催日・会場・タイトル変更】まずはここから!ナースのための放射線治療入門~放射線性皮膚炎などの有害事象のケアを考える~東京会場~

【ねらい】
高齢化社会の進行とともに、放射線治療を受けるがん患者は増加しており、
看護師には、治療効果や副作用対策など専門的かつ広範な知識が求められている。
本セミナーでは、放射線治療の基礎知識と、放射線皮膚炎のケア方法の習得を目指す。
【講義概要】
放射線治療では、皮膚炎は程度の差こそあれ、必ず出現する有害事象です。
患者を担当する看護師のみなさんは,皮膚炎に対するケアで日々困っていることはありませんか。

前半では、放射線治療の基礎について理解を深めながら、皮膚炎の発症機序も学んでいきます。
皮膚炎ケアについては、放射線治療における看護師の役割をふまえて、評価方法、実際のケア方法へと説明をすすめていきます。
後半は前半で学んだことの振り返りが出来るように、実際の症例についての紹介とグループワーク、ケアの実践を予定しています。
放射線治療に携わっており、実際に行っているケア等でお困りの方、是非ご参加ください。

セミナー詳細

開催日 2018年2月18日(日) 申込み締切日 2018年2月11日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

2/26【東京】伝授!心電図を看るための「4つのポイント」

〜基礎から学ぶ!!超初級心電図セミナー〜

心電図は難しいと思っている方!初歩から勉強したいと思っている方向けに、簡単イラストで明日から“より実践的”に現場で役に立つ心電図の見方をわかりやすく解説いたします。実践トレーニングでは、多くの方が実際に実際の心電図を診れるようになって頂いています。
目標は「あれ!?心電図を診るってこんなに楽しいの!?」と感じていただくこと!セミナーが終わるころには「早くいろんな心電図が診たい!」って思っていただけるはずです。

セミナー詳細

開催日 2018年2月26日(月) 申込み締切日 2018年2月18日(日)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/4【東京】時系列で学ぶ手術室看護の必須知識

<このセミナーの到達目標>
●手術室看護師としての役割を時系列で理解し、日頃の実践に活かすことができる!
●安全で質の高い手術前・中・後のケアが実践できる!
<受講対象者>
入職3年目までの手術室ナース、および指導的立場のナース

セミナー詳細

開催日 2018年3月4日(日) 申込み締切日 2018年2月25日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/10【東京】明日から使える!患者急変の予測と対応

【概要】
 患者急変では,「どう対応したら良いかわからない」「うまく対応できなくて困った」「急変で心肺蘇生がなんとかできたから良かった」と,急変後の対処にどうしても目が向いてしまいがちです。しかし,実際には患者急変の多くで何らかの前兆があったと言われています。つまり,その前兆に早く気付くことができ,早めに必要な検査や処置などの介入ができれば,心肺停止を含めた重篤化を回避できる可能性が出てくるわけです。どのようにしてこうした前兆に気付くことができるでしょうか? 経験のある看護師であればパッと見ただけで「これはおかしい! 医師を呼ばないといけない」と判断できるかもしれません。では経験をたくさん積まなければ気付くことができないのでしょうか? 経験が少なくても,前兆に気付く能力を高めるには,患者へのアプローチの仕方を身につけ,頭の中に患者急変対応のモデルをもっておくことが早道です。
 これは状況評価と予測から始まります。病棟では患者申し送りの情報,時間帯などが状況評価の要素と言えます。前回受け持った状態なども加味すると訪室する前に患者の状態を予測することができるかもしれません。
 訪室したときや外来で患者と対面したときには,まず呼吸,循環,意識,全体の印象をパッと見てみましょう。どこかに異常がありそうなら,「やばいかも」と思って初期評価として,気道は? 呼吸は? 循環は? 意識は? と慌てず順番に確認してみましょう。たとえば,呼吸状態が悪いと判断すれば,何が原因で,どのように対応したら良いでしょうか? これらを臨床推論しながら対応することで,状況に合ったベストな急変対応ができる可能性が高まります。そして初期評価後には,自分が集めた情報と所見,判断をまとめて,医師に報告する必要があります。その手法としてI-SBAR-Cがあります。これは「I」(Identify:報告者と患者の同定),「S」(Situation:患者の状態),「B」(Background:臨床経過),「A」(Assessment:状況評価の結論),「R」(Recommendation:提言または具体的な要望・要請),「C」(Confirm:指示受け内容の口頭確認)の頭文字をとったもので,的確かつ迅速に情報を伝える手段として有用です。
 セミナーの中では,このような臨床推論モデルを使いながらさまざまな症例問題にチャレンジしてもらいたいと考えています。その中でI-SBAR-Cを実践してみましょう。セミナーの最後には1日を振り返り,学んだことを現場で活かすにはどうしたら良いかアクションプランを立てていただく予定です。是非とも皆さんそれぞれの職場で明日から使える知識とスキルを持ち帰っていいただきたいと思います。

【本セミナーの目標】
1. 患者急変を予測できる
2.患者急変だと判断できる
3.患者急変時,自分がとるべき行動を説明できる
4.急変対応の臨床推論モデルを使うことができる
5.患者急変時の報告ができる

【講師からのメッセージ】
 「患者の異常に気付くのが遅れた」「急変時の対応にどうしたらいいかわからず困った」「急変時,医師にうまく報告できなかった」という経験はありませんか?「病棟や外来で患者急変に強くなりたい」と漠然と感じてはいませんか? 強くなるには経験も必要ですが,臨床推論を意識した対応が近道です。セミナーでは急変対応の臨床推論モデルを使って,頭の中を整理し,予測,判断,行動,報告ができる看護師になりましょう。
※スマートフォンのご持参を【推奨】します。

セミナー詳細

開催日 2018年3月10日(土) 申込み締切日 2018年3月2日(金)
開催エリア 東京都 料金 18000円
運営会社 株式会社医学出版 カテゴリ 看護管理

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/11【東京】1日で確実にマスターする!不整脈の治療と看護<明日からすぐに役立つ基本知識とケアの実際>

●このセミナーの到達目標●
・不整脈治療の基本知識を確実にマスターする!
・不整脈患者の周術期ケアに自信がもてる!
※受講対象者※
不整脈患者のケアに携わるすべてのナース

セミナー詳細

開催日 2018年3月11日(日) 申込み締切日 2018年3月4日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 循環器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/21【東京】ナースのための 輸血のキホン

〜こんな時どうしよう? ABOとその先に〜

 輸血は、実は世界最古最多の臓器移植ともいえます。本セミナーでは、輸血に必要な検査の原理と代表的な輸血用血液製剤の適応・使用時のポイントについて、免疫学の基本からわかりやすく解説し、セミナー後には業務負担の軽減、リスク因子の低減に繋がることを目的としています。

セミナー詳細

開催日 2018年3月21日(水) 申込み締切日 2018年3月13日(火)
開催エリア 東京都 料金 7560円
運営会社 メディカル情報サービス カテゴリ その他

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/25【東京】ナースのための消化器内視鏡の基本と介助の実際

<このセミナーの到達目標>
●消化器内視鏡に関する基本知識を体系的に学び直す
●消化器内視鏡検査・治療の介助と看護の必須事項を理解する
●消化器内視鏡の医療安全の重要性について、あらためて確認する
<受講対象者>
消化器内視鏡室に勤務する3年目までのナース、および指導的立場のナース

セミナー詳細

開催日 2018年3月25日(日) 申込み締切日 2018年3月18日(日)
開催エリア 東京都 料金 15000円
運営会社 医学教育研究所 カテゴリ 消化器ケア

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む

3/25【東京】【慢性期編】山内先生と事例で学ぶカンファレンス〜異変?から慢性期の場面のアセスメントをどう進めるか〜東京会場〜

【ねらい】
療養病床や医療介護施設、あるいは訪問看護に携わっている方々にはもちろんのこと、
常に生死と隣り合わせの医療機関の方々にとっても、
何気ない日常の中に潜む異変に気づき適切な対処に結びつけることのできる能力は不可欠なものです。

この能力は臨床経験の多寡に関わらず、全ての看護職に一定水準の実力が必要です。

【講義概要】
療養病床や医療介護施設、あるいは訪問看護においてはもちろんのこと、
常に生死と隣り合わせの急性期中心の医療機関においても、医療の究極のゴールは生活を支えることでしょう。

しかし生活を支えるためには、その根底にある生命維持に関わる異変を察知して適切に対処することが欠かせません。

急性期医療機関ではそのために多くの目や手が準備してあります。
しかし一番患者さんのそばにいるは間違いなく看護職です。
ですから看護職が真っ先に患者さんの異変に気がついてケアに結びつけなければなりません。
療養病床や医療介護施設、あるいは訪問看護では、医療者としては看護職しかいないことも多々あります。

異変に対してたった独りで全て対処せよというものではありませんが、患者さんの一番身近にある看護職が、
まずそこで何が怒っているのかを気がついてアセスメントでき、適切に繋がなければなりません。

本セミナーでは気がついて、臨床推論(アセスメント)し、ケアにつなげる、という一連のケア行動について、
事例をもとに学習を進めていきましょう。

セミナー詳細

開催日 2018年3月25日(日) 申込み締切日 2018年3月18日(日)
開催エリア 東京都 料金 12500円
運営会社 株式会社gene カテゴリ フィジカルアセスメント

このセミナーの情報を見るこのセミナーに申し込む